不妊治療の歩み2

Pocket
LINEで送る

今一番新しいとされている生殖医療の情報として、世界の不妊治療の注目は、PGS(受精卵スクーリニング)です。

受精卵の細胞の一部を取り出し、その全染色体を調べ移植することで、高齢者であっても妊娠率を驚異的に上げ、流産率を下げることが判明してきました。

世界の人口比で95%で可能ですが、残念ながらまだ日本では本格的な取り組みは遅れています。

 

 

また卵の力を示す細胞内ミトコンドリアの数を測ることや、ミトコンドリアを注入・交換することなどが行われています。
現状で出来る方法としては、順調な卵分割を示す卵を選択するために、タイムラプス装置があります。

 

タイムラプス培養法のメリットは

1・培養環境の安定化・・・24時間の常時モニタリングが可能になり、環境の変化を受けずに発育状態を確認できる。

2・分裂パターンの確認・・・分裂のスピード及び分裂パターンが確認できる。

3・前核の確認・・・前核の存在確認により正常に受精が成功したのかが判定できる。

4・卵の現況説明が容易になる・・・当人が実際に状況確認が出来るので治療に対する納得が高まり、パートナーの協力も得やすい。

 

ここまで最新の生殖医療についての情報を書いてきましたが、この他にも沢山の新たな手法が生まれています。

例えば卵胞活性化療法(IVA)
簡単に言えば早期閉経患者に対する新たな治療法です。

NIPT(新型出生前診断)
染色体異常を調べる検査のことです。

 

これは今年、臨床研究から一般診療となりましたが、晩婚化に伴い高齢出産をする方が増えており、そのニーズはとても大きくなっているようです。

(つづく)

Pocket
LINEで送る

コラム: 木下由梨

木下由梨

一般社団法人ウミ 理事

妊娠希望の女性が全員妊娠したという導歴を持つ。その噂を聞き、大阪在住の由梨先生のもとへ東京からも通い出す女性が続出しだし「ウミヨガ」として東京スクールが開講。45年間で15,000人以上の体質改善を行ってきたヨガマイスター。東洋医学のすべてを学びライセンスを持つ由梨先生が、授かりやすい心身へ改善するために「ヨガ、整体、ピラティス、食育、薬膳、アーユルヴェーダ、心理学、NLP」などから必要要素を組み込んだオリジナルのプログラムを開発。夫婦への不妊治療との向き合い方や性生活の指導、女性力をあげる「膣呼吸」など、笑いと涙いっぱいのユニークなレッスンが大人気で東京と大阪のスクールは常に満席状態。婦人科のドクターが奇跡の実績と称すくらいの多くの「ウミヨガベイビー」が誕生している。「レタスクラブ」「赤ちゃんが欲しい」「CLASSY」他、メディアにも多数登場。「妊娠力を上げる!ウミヨガ」(主婦の友社)はアマゾン不妊部門ベストセラー。
------
一般社団法人ウミ
http://umiyoga.com/
ウミヨガ ブログ
https://ameblo.jp/umiyoga/

ウミヨガ通販サイト
http://umiyoga.com/?page_id=3242

セミナーページリンク
http://umiyoga.com/?p=2395

木下由梨 お知らせ


DVDつき 妊娠力を上げる! ウミヨガ―赤ちゃんが授かりやすくなる奇跡のメソッド
[楽天ブックス][Amazon]