不妊治療の歩み

Pocket
LINEで送る

振り返りますと約20年ほど以前から、私のところにレッスンに通われていた方の中には、少なからず不妊でお困りの方がおられたように思います。

けれど余り悲壮なお顔もされず、明るく受講されていました。

そして時間の差は有りましたが、ほとんどの皆さんが妊娠された事を今でもはっきりと覚えています。

当時は今のように不妊治療という言葉も無く(あったのかも知れませんが、私の記憶には留まっておりません)「不妊治療を受けている」というお声を聴くようになったのは、2000年になってからだと思います。

 

日本で不妊治療が始まったのは、1983年に東北大学によって国内最初の体外受精児の誕生が報告され、その数年後から徐々に広がってきたようです。

けれど当時の採卵は腹腔鏡下で行われていましたので、結構な負担が強いられていたのも事実です。

 

現代では超音波ガイドを使用して、体にメスを入れる事無く採卵が出来るようになりました。何よりも薬剤の進歩によって、多数の卵胞の発育が可能となりました。
こうした医学の進歩により、不妊治療を受ける女性の数はどんどんと増えて行きました。

更に、1992年には海外で初の顕微授精が成功し、日本でもその手法を用いた治療が可能となり、不妊治療を受ける方々は益々増えているのが現状です。

 

体外受精が始められて以来、不妊に悩むカップルにとっての恩恵は計り知れないものがあります。しかし、その裏側では、多胎妊娠や早産、流産などが著しく増加しております。さらに深堀すれば、体外受精児の長期予後にも不安は残ります。

 

今一番新しいとされている生殖医療の情報として、世界の不妊治療の注目はPGS(受精卵スクーリニング)です。

受精卵の細胞の一部を取り出し、その全染色体を調べ移植することで、高齢者であっても妊娠率を驚異的に上げ、流産率を下げることが判明してきました。

世界の人口比で95%で可能ですが、残念ながらまだ日本では本格的な取り組みは遅れています。

(つづく)

Pocket
LINEで送る

投稿者: 木下由梨

木下由梨

一般社団法人ウミ 理事

妊娠希望の女性が全員妊娠したという導歴を持つ。その噂を聞き、大阪在住の由梨先生のもとへ東京からも通い出す女性が続出しだし「ウミヨガ」として東京スクールが開講。45年間で15,000人以上の体質改善を行ってきたヨガマイスター。東洋医学のすべてを学びライセンスを持つ由梨先生が、授かりやすい心身へ改善するために「ヨガ、整体、ピラティス、食育、薬膳、アーユルヴェーダ、心理学、NLP」などから必要要素を組み込んだオリジナルのプログラムを開発。夫婦への不妊治療との向き合い方や性生活の指導、女性力をあげる「膣呼吸」など、笑いと涙いっぱいのユニークなレッスンが大人気で東京と大阪のスクールは常に満席状態。婦人科のドクターが奇跡の実績と称すくらいの多くの「ウミヨガベイビー」が誕生している。「レタスクラブ」「赤ちゃんが欲しい」「CLASSY」他、メディアにも多数登場。「妊娠力を上げる!ウミヨガ」(主婦の友社)はアマゾン不妊部門ベストセラー。
------
一般社団法人ウミ
http://umiyoga.com/
ウミヨガ ブログ
https://ameblo.jp/umiyoga/

ウミヨガ通販サイト
http://umiyoga.com/?page_id=3242

セミナーページリンク
http://umiyoga.com/?p=2395

木下由梨 お知らせ


DVDつき 妊娠力を上げる! ウミヨガ―赤ちゃんが授かりやすくなる奇跡のメソッド
[楽天ブックス][Amazon]