「マインドフルネス」が⽣む⼼の「間」。⽇常に現れる変化は⼈それぞれですが、学習・実践の継続により、内⾯が鍛えられ、「洞察⼒」「思考⼒」「知覚⼒」が磨かれ、向上することが広く知られます。 True Nature ヨガスタジオ

「マインドフルネス」が⽣む⼼の「間」。⽇常に現れる変化は⼈それぞれですが、学習・実践の継続により、内⾯が鍛えられ、「洞察⼒」「思考⼒」「知覚⼒」が磨かれ、向上することが広く知られます。 True Nature ヨガスタジオ

私たちはフィットネスジムに行って身体を鍛えるようにメディテーションを通して心をしなやかにする『心の筋トレ』を行うことができます。
銀の食器や装飾品が放置しているとサビがついてしまうように、私たちの心についてしまったサビは放置していても美しい状態には戻りません。
洞察力を身につけ自分自身でサビを落とし磨いていくことがメディテーション。
『心の筋トレ』です!

初めて見る食べ物を口にする時、私たちはよく見て、匂いを嗅ぎ、温度を確かめてから口にすると思います。
これがどんな味なのか?五感を働かせて意識をそこに置いて今食べているものに意識を置きますが、
食べた事のある物を口にする時には、過去の経験から判断したり、
スマホやテレビに意識を置いてその味を堪能する前に飲み込んでしまう事もあるのではないでしょうか?
これと同じ様に日々、様々な感情や思考のルーティーンに身を任せてしまい、『今、ここ(その瞬間)』から離れ、
目の前にない仕事の予定や過去に起きた事へ思いを巡らせてストレスを感じる方もいるでしょう。

『今、ここ』に意識を置くことで自分自身の捉え方に変化が生まれ、
物事と自分との間に内面の丁度いいスペース(間)、ゆとりを感じ始めるかもしれません。
さらに、食事を作ってくれた人や運んでくれた人、食材やそれを作ってくれた人にまでも
優しい気持ちや思いやりを拡げられる様になるかもしれません。

瞑想という言葉の語源の一つには、『何かに馴染む』という意味があります。
まずは、日々の生活のなかで、ここに在ることから馴染むことから始めるのが瞑想を学ぶ第一歩です。

自分に馴染み、自分と友達になってみませんか?

投稿者: caraco

caraco
サロン・スタジオの掲載は無料です。ご希望の方はフッターの「サロン・スタジオ掲載のお申込み」からお知らせください。

シェアする