睡眠を快適に演出 

蒸し暑い日本の夏。
暑い夏こそ、しっかりと良質な睡眠をとっていただきたいものです。

新型コロナウィルスに負けないためにも、免疫力をアップするのが質の良い睡眠です。

そのための方策を、いくつかご紹介いたしましょう。

≪ 夏の寝具を揃えよう ≫

夏にはスーパーや寝具店に一斉に夏用の寝具が現れて、「涼感」とか「冷え冷え」などいろいろなコピーで溢れます。
熱中症防止には当然、夏の寝具のしつらえが必要です。

しかし、うたい文句ばかりで、あまり効果のないもの、品質の悪いものも見られます。使ってみて、なんとなく違和感があった場合は、無理に使う必要はありません。

ちなみに私は、古典的に麻、綿、ガーゼの材質を使っています。
大事なことは吸湿性と放熱性があることで、
この点では自然素材のほうが心地よく感じられると思います。

その中でもパジャマのお薦めはガーゼです。
ガーゼは冬温かい印象ですが、夏もとても涼しいものです。
型崩れはしやすいですが、その分、肌になじんでくれます。高齢者には特におすすめ。品質の良いものはお値段は高めになりますが、これも猛暑対策のためと購入してみてください。

 

≪ ついでに寝室を楽しもう! ≫

水分補給、部屋を涼しく、寝具を快適にという3点が夜間熱中症防止の要点ですが、もうひとつ提案しましょう。

それは、直接,熱中症予防に関係するものではありませんが、「涼しさの演出」です。

まず、シーツやカバー類、パジャマ類の色合いです。
やはり、ブルー系や優しいグリーン系が相当します。
実際、こうした色合いは睡眠に適していると言われます。

少しお金はかかりますが、夏のカーテンも加えると一層涼しく感じますし、海や清流、氷などを思わせる絵や眠り小物、アロマも森林系のすっきりしたものを選ぶなど、楽しんでみたらいかがでしょうか?

そうすることで、苦しい夏の眠りも、少し安らぎが増すと思います。
是非、工夫して下さい!

 

投稿者: 橋爪あき

橋爪あき
一般社団法人 日本眠育普及協会 代表 睡眠改善インストラクター(一般社団法人日本睡眠改善協議会認定) 日本睡眠学会正会員 睡眠健康推進機構登録講師(精神・神経科学財団) 睡眠文化研究者・心理カウンセラー (国交省大臣認定)健康・睡眠起因事故リスク軽減コンサルテイング睡眠改善コンサルタント(ビオスピクシス社外スタッフとして) 一般社団法人スリープマネジメント協会理事 NPO法人SASネットワーク理事 肥満解決1000人プロジェクト特別顧問 FM西東京ボランテイアスタッフ 慶應義塾大学卒業後、慶應病院医局秘書として勤務の後、結婚。父の死により家業不動産会社の代表取締役に就任。加えて、主婦・2児の母を勤めながら、更に日本語学校講師、NPO法人理事として日本語テキスト出版事業に従事。三足の草鞋ともいえる多忙な日々を過ごすうち、自らの睡眠障害に気づき、睡眠の大切さを実感する。以後、睡眠学を学び、生活改善によって障害を克服したことから、睡眠の広報活動の必要性を感じ、睡眠インストラクターとしての広報活動を開始。2014年、活動の充実をはかるため、「日本眠育普及協会」を設立。 ------ 一般社団法人 日本眠育普及協会 http://min-iku.com/

シェアする