1975年創立 目黒と秋川にあるジャスダンススタジオ 本多ダンス秋川スタジオ

本多ダンス秋川スタジオ

本多ダンススタジオは2歳からシニアまで、すべての年代の方々に踊ることを楽しんでいただける明るくアットホームなスタジオです。
1975年に目黒とあきる野市に創立し、現在は宝塚歌劇団出身の本多乃里子、数々のダンス公演やミュージカル等に出演してきた本多麻理、ミュージカル女優として活躍してきた本多祐子の3人が中心となって、特徴あるコンセプトをもとに運営しています。
1994年に日本で開催された《アジア競技大会・広島》では、天皇陛下、皇后陛下、皇太子殿下、雅子妃殿下をお迎えした開会式にて、聖火を迎える「聖火の舞」を本多乃里子、麻理、祐子の3人が神子に扮装し荘厳な舞を披露しました。

観客の皆様に深く感動していただけるよう、より高い芸術性を追求したドラマティックなダンス公演を行い、スタジオでは、子供達には柔軟な心と身体を養い、感性豊かな人に育つ場として。大人の方々には、美しく健康な身体と、日常のストレスを解消出来る場として。プロの演者を目指している方には、柔軟で強靭な身体づくり、そして高度なリズム感覚と表現力を習得していただける場として、是非活用していただければと思っております。全身で無心に踊る時、心と身体の全てのしがらみから解放され、新しいエネルギーが満ち溢れます。 ダンスは人間構成に役立つ素晴らしい手段のひとつだと思います。

また、踊りを通して何か世の中のお役に立ちたいと考え、本多スタジオではチャリティ公演、身障者学園、老人ホームにてダンスを通し交流、そしてチャリティバザーを毎年12月に行い(今までに33回開催)その収益を社会福祉協議会に寄付等、生徒、父兄、教師が一体となって長年愛の奉仕をたゆみなく行ってきました。 これからも、ささやかながらお役に立てる喜びのために皆で努力を続けていきたいと思います。
当スタジオには、創立後まもなくより生徒として研修し、のちにインストラクターとなった安立みどりと鈴木由紀が運営に加わり、努力を惜しまずスタジオを明るく元気に長年支えてくれています。
本多ダンススタジオのモットーは『明るく!楽しく!美しく!』です。個性豊かな5人のインストラクター、そして集まって来てくださる生徒の皆様と一緒に楽しくダンスし、夢あふれる素敵な人生を過ごしていきたいと思っております。

投稿者: studioスタッフ

studioスタッフ
サロン・スタジオの掲載は無料です。ご希望の方はフッターの「サロン・スタジオ掲載のお申込み」からお知らせください。

シェアする