ただ寝るだけで…瞑想の世界

Pocket
LINEで送る

瞑想に最も近いヨガのポーズ
瞑想は少し難しそうと思っている方にまずは、ただ寝るだけの瞑想をご紹介いたします。
それがただ床に寝るだけ、それだけの瞑想です。

ただしただボーッとするのではありませんよ。
まずは体に脚から初めて緊張を与えていきます。
ぎゅっと力をいれ、その後バサッと力を抜くようにします。

緊張しては力を抜いていくのを両足先から両腿。
腰~背中~肩・両うで~首~頭~顔~胸~お腹と、まるで体をスキャンニングするように緊張しては力を抜く、を全身に行っていきます。
その後体は動かさないで意識だけで体の各部位をリラックスしていきます。さらに呼吸を長く深く等もしないでただ観察します。

最後は心の平和と調和をみる観察者でいます。
体、呼吸、心を見つめていきます。
10分程度行ったら、身体に力をいれ十分に伸びをして寝る瞑想、シャヴァーサナを終了します。

①シャヴァーサナって何?
完全弛緩のポーズ。
シャヴァは死体。他の難しいポーズからみると、優しそうなポーズですが、実は最も難しいポーズといっても過言でないかとおもいます。

そのため昔は日本のヨガ界では、クイーンオブポーズ(ポーズの女王・ちなみにキングは頭立ちのポーズ)とも呼ばれ大変大切にされてきました。
初心者は体のどこかが緊張していたり、心が何かにこだわっていたりしてなかなか弛緩しきれないことにも気づけないくらいレベルが高い緊張のない内体意識法です。
完全な5分間のシャヴァーサナは、1時間の睡眠に相当するともいわれます。

②なぜヨガにシャヴァーサナってあるの?
ヨガの求めることはモークシャ(解放:ヨガの世界では解脱:解脱というとちょっぴり宗教っぽいので解放と言わせていただきます)。
だからこそ、ストレスの多い現代に、ヨガは今背負っている重荷を下ろすサポートができるので、大変重要な役割を担うことができるのではないでしょうか。

体を鍛えることを目的にしたら、筋トレや様々なトレーニングがあります。それらとヨガはどこが違うのでしょうか。

まずは体に緊張のない意識を向け、体の動きや緊張をも気づいていることがポーズを行う上で大切なこと。
決して無理や頑張り、がむしゃら感ではなく体がどのような過酷なポーズを行っている時でも、それに気づいていることが大切であり、それがヨガのポーズの取り方でもあります。

とはいえポーズによって過剰に力が入ってしまったりしたことなどを、シャヴァーサナはゆるめ、まさに交感神経型を副交感神経型に切り替えてストレスに耐性を持つことを促します。

ポーズの合間のシャヴァーサナは、ポーズで刺激を受けたところに血流やエネルギーが行き届くようにします。
いわゆる自然治癒力を高めて自らバランスを図る力をよみがえらせることになります。

またアーユルヴェーダでは程よい運動とは、うっすら額に汗する程度のものが良いとされます。
その刺激と弛緩はワンセット。
その意味から一般的にはヨガのポーズがある種の緊張と捉えたならばシャヴァーサナは弛緩。
その弛緩中に本来の身体の力が出てきたりパワーアップしていくことが期待できます。

③シヴァーサナをしないとどうなるのか
死活問題などでもないし、重篤な問題が起こるわけでもないのです。
ですが、例えばヨガスタジオでヨガのポーズをただただ行い、ハイさよならとばかりに皆様帰っていたら、ほとんどの人が少しハイテンションで神経の緩和が行われる暇もなく、逆にストレスに負けやすい状態をつくる可能性があります。

シャヴァーサナは緊張と弛緩の正反対の力を徐々に同レベルにもっていく重要なもの。
ポーズ=緊張、シャヴァーサナ=弛緩 がポーズの中に弛緩を見出すゆとりと、シャヴァーサナの中に緊張とは別個の気づきを持つことができるようになると、現状で起こる問題を上手く受け流し、ストレスに負けない体と心を手に入れることができることでしょう。

④ポーズとしてのシャヴァーサナについて
シャヴァーサナとは、仰向けの状態になり、身体全身をリラックスさせるポーズです。
日本語では、「無空のポーズ」「屁のポーズ」英語だと「CORPS POSE」と呼ばれています。

シャヴァーサナは、瞑想に最も近いポーズとも言われ、心もリフレッシュされると言われています。

Pocket
LINEで送る

コラム: 西川眞知子

西川眞知子

日本ナチュラルヒーリングセンター
アーユルヴェーダ自然療法家
西川眞知子

神奈川県生まれ。上智大学外国語学部英語学科を経て、佛教大学卒業。第24代ミス横浜。米国ニューオリンズ世界万国博覧会コンパニオン。幼少期の病弱を自然療法で克服したのをきっかけに、大学時代にインド、アメリカなどを歴訪し、ヨーガや自然療法に出会う。それらの経験と研究を元に、「日本ならではのアーユルヴェーダ」を提唱。体質別健康美容法を提案し、独自な簡単生活習慣改善プログラムを構築。健康美容のコンサルティング、商品開発などに携わるかたわら、講演、セミナーなどをこなす毎日を送っている。講演やセミナーは独自の発想が好評を博している。
● 株式会社ゼロサイトグループ代表取締役
● 日本ナチュラルヒーリングセンター代表
● 西川眞知子アーユルヴェーダ研究所代表
● アーユルヴェーダ医療融合協会理事
● 日本パステルシャインアート協会副代表
● 日本アーユルヴェーダ学会評議委員
● 内閣府NPO日本アーユルヴェーダ協会理事
● たかの友梨エステティックアカデミー講師
● 日本チベット研究会理事 ふるさとテレビ顧問
------
アーユルヴェーダネーチャーケア学院
http://www.jnhc.co.jp/
公式ブログ

https://ameblo.jp/nishikawa-machiko/

------
<主な著書>
「生命の科学アーユルヴェーダ」農文協、「アーユルヴェーダ入門」地球丸、その他、マイナビ、二見書房、メディカルトリビューン、ビジネス社、大和出版、PHP出版、日経BPより 著書30冊以上

西川眞知子 出版物

新版 インドの生命科学 アーユルヴェーダ
新版 インドの生命科学 アーユルヴェーダ
ヨガのポーズの意味と理論がわかる本 ~ヨガの古典とインド哲学に学ぶチャクラ理論とアーユルヴェーダ~
ヨガのポーズの意味と理論がわかる本 ~ヨガの古典とインド哲学に学ぶチャクラ理論とアーユルヴェーダ~
【アーユルヴェーダ人間学(カウンセリング)】〜「自分」と「顧客」を幸せにする、サロン繁盛! の秘法〜
【アーユルヴェーダ人間学(カウンセリング)】〜「自分」と「顧客」を幸せにする、サロン繁盛! の秘法〜
アーユルヴェーダで我慢しないアトピー生活: 体と心の快の原理 (健康双書)
アーユルヴェーダで我慢しないアトピー生活: 体と心の快の原理 (健康双書)