寝ながら瞑想してみよう

瞑想をするのにシャヴァーサナを行うことをお伝えしてきました。
今回は、さらにそのシャヴァーサナの効果についてまとめてみました。

ストレスの多い現代社会を生きる私たちにとって、シャヴァーサナは沢山の効果をあたてくれることがわかります。

 

シャヴァーサナの効果
シャヴァーサナには、リラックス効果などの精神面への影響だけでなく、体にとってもさまざまな良い効果があります。

1. リラックスなど精神面への効果
精神面での最も大きな効果は、リラックス効果です。
シャヴァーサナをするときは、意識を手放すという表現が用いられます。
体も心を動かさない、まさに屍と同じ状態になることで、悲しみや憎しみ、苦しみといった感情を手放すことがシャヴァーサナの最大の目的です。
そうすることで、心の疲れを取り、リフレッシュさせることができます。

2. 疲労回復など肉体面の効果
シャヴァーサナは、まずは仰向けの状態で横になりますが、この姿勢をとるだけでも筋肉、内臓、神経を休め、血液を全身に均等に循環させやすくなります。

そのため、わずかな時間でもシャヴァーサナをすることで、目の疲れや内臓の疲れの回復につながるといわれています。

寝ながら瞑想は、いかがでしたか。
はじめは寝てしまうかもしれませんが、それはそれで気にしないで「自分には眠ることが必要なのだ」ぐらいの気持ちで軽く楽しく思い過してみてください。

古来からあった「寝ながら瞑想」

最後におまけに、日本には江戸時代にすでに「寝ながら瞑想」がありました。
臥禅とも呼べる白隠禅師の臥禅和讃をご紹介しましょう。

それは、眠りにつく以前、まだまぶたを合わせない前に、両脚をうんと伸ばして強く踏み揃え、一身の元気を臍輪、気海丹田、腰脚足心の間に充満させてから、次のような観念をしなさい。
①我が此の気海丹田、腰脚足心、まさに是れ我が本来の面目。面目何の鼻孔かある。
②我が此の気海丹田、総に是れ我が本分の家郷。 家郷何の消息かある。
③我が此の気海丹田総に是れ我が唯心の浄土。浄土何の荘厳かある。
④我が此の気海丹田総に是れ我が己身の弥陀。弥陀何の法をか説く。

と打ち返し、打ち返して、常にこのように瞑想するがよい。
瞑想の効果が積もると 一身の元気が、いつしか腰脚足心に間に充足して、臍下ががくぜんとして硬く膨れて、しの打ちしない蹴鞠のようになる。

このように一途に瞑想を続け、五日より七日、更に二―三週間経過すると、今までの五積六じゅう、気虚労役等の諸病が箱の底を払ったように平癒する。
嘘なら私の老いたる頭を切ってもち去ってよろしいぞ。とあります。

少し難しい言葉で語られていますが、頭ばっかり使っていないで、腹から下に気力を持っていくと、つまらないことに悩んだりすることもなくなり、本来の底力を出して今日も元気に過ごすことができるよ。と言っています。

シャヴァーサナ同様、白隠禅師の言葉も、もし気に入っていただけたら実践してみてください。

次回の瞑想のすすめもお楽しみに。
それでは充実した一日をお過ごしください。

投稿者: 西川眞知子

西川眞知子
日本ナチュラルヒーリングセンター アーユルヴェーダ自然療法家 西川眞知子 神奈川県生まれ。上智大学外国語学部英語学科を経て、佛教大学卒業。第24代ミス横浜。米国ニューオリンズ世界万国博覧会コンパニオン。幼少期の病弱を自然療法で克服したのをきっかけに、大学時代にインド、アメリカなどを歴訪し、ヨーガや自然療法に出会う。それらの経験と研究を元に、「日本ならではのアーユルヴェーダ」を提唱。体質別健康美容法を提案し、独自な簡単生活習慣改善プログラムを構築。健康美容のコンサルティング、商品開発などに携わるかたわら、講演、セミナーなどをこなす毎日を送っている。講演やセミナーは独自の発想が好評を博している。 ● 株式会社ゼロサイトグループ代表取締役 ● 日本ナチュラルヒーリングセンター代表 ● 西川眞知子アーユルヴェーダ研究所代表 ● アーユルヴェーダ医療融合協会理事 ● 日本パステルシャインアート協会副代表 ● 日本アーユルヴェーダ学会評議委員 ● 内閣府NPO日本アーユルヴェーダ協会理事 ● たかの友梨エステティックアカデミー講師 ● 日本チベット研究会理事 ふるさとテレビ顧問 ------ アーユルヴェーダネーチャーケア学院 http://www.jnhc.co.jp/ 公式ブログ https://ameblo.jp/nishikawa-machiko/ ------ <主な著書> 「生命の科学アーユルヴェーダ」農文協、「アーユルヴェーダ入門」地球丸、その他、マイナビ、二見書房、メディカルトリビューン、ビジネス社、大和出版、PHP出版、日経BPより 著書30冊以上

シェアする