オイルマッサージと部位2)

毎日やりたい部位④ 顔

美容のためにも毎日やりたい部位。
顔のリフティングマッサージは、さするだけではなく、皮膚をつまんで軽くひっぱるため、コラーゲンの再生を促すといわれています。

顔全体をやさしく包み込み、広げていくようにマッサージすると、顔の表情もとても豊かになっていきます。顔のリンパと静脈の流れを促し、デトックスにもなります。

マッサージの方法、所要時間
マッサージはいくつかの手順に分けられます。すべて含めて、所要時間は8分ほど。

顔マッサージの手順①
親指をあごの下に、残りの指はあごの骨の少し上にあて、あごに沿って耳までさすります。

手順②
耳の後ろのツボ「完骨」を親指でギュッと押さえます。

手順③
口角から顎関節の下、口角の上から顎関節、小鼻から顎関節の上の3ラインをさすります。

手順④
人さし指、中指、薬指で、小鼻の横から鼻筋、まゆの下、こめかみまでさすります。

手順⑤
指の腹を使い、目尻からこめかみ、まゆから頭皮を強めにさすり上げます。

手順⑥
こめかみから目の下、鼻筋、まゆの下、再度こめかみまでさすります。

手順⑦
目尻を髪の生え際に向けてグッと押し上げ、やさしく元に戻します。

手順⑧
最後に、自分を美しくするエネルギーを手のひらに集め、顔にあてるように両手で頬を包み込みましょう。

 

体質別に力加減を変えてみよう

オイルマッサージをするとき、ドーシャの体質・体調に合わせて力加減を変えると効果的です。脈診でドーシャのバランスをみながら、以下のようにタッチを加減しましょう。

ヴァータの人はおだやかなトリートメントを。
軽さと動きの性質を持つヴァータには、重くゆったりとしたやさしいタッチ。毛穴に沿ってゆったりと長いストロークで手を動かし、体をあたためていきます。オイルもきちんとあたためて使いましょう。

ピッタの人はクールなトリートメントを。
ピッタはシャープな性質を持つため、鋭い刺激ではなくマイルドなタッチでのマッサージがおすすめです。毛穴に沿って手をくるくると回すことで、体をリラックスさせます。オイルの温度は高くはしません。

カパの人は刺激するトリートメントを。
カパは重い性質からアンバランスが引き起こされるため、少しリズミカルな速めのタッチが向いています。毛穴に逆らって、擦るように刺激。摩擦を起こして循環を高めます。オイルなしのマッサージもよいでしょう。

投稿者: 西川眞知子

西川眞知子
日本ナチュラルヒーリングセンター アーユルヴェーダ自然療法家 西川眞知子 神奈川県生まれ。上智大学外国語学部英語学科を経て、佛教大学卒業。第24代ミス横浜。米国ニューオリンズ世界万国博覧会コンパニオン。幼少期の病弱を自然療法で克服したのをきっかけに、大学時代にインド、アメリカなどを歴訪し、ヨーガや自然療法に出会う。それらの経験と研究を元に、「日本ならではのアーユルヴェーダ」を提唱。体質別健康美容法を提案し、独自な簡単生活習慣改善プログラムを構築。健康美容のコンサルティング、商品開発などに携わるかたわら、講演、セミナーなどをこなす毎日を送っている。講演やセミナーは独自の発想が好評を博している。 ● 株式会社ゼロサイトグループ代表取締役 ● 日本ナチュラルヒーリングセンター代表 ● 西川眞知子アーユルヴェーダ研究所代表 ● アーユルヴェーダ医療融合協会理事 ● 日本パステルシャインアート協会副代表 ● 日本アーユルヴェーダ学会評議委員 ● 内閣府NPO日本アーユルヴェーダ協会理事 ● たかの友梨エステティックアカデミー講師 ● 日本チベット研究会理事 ふるさとテレビ顧問 ------ アーユルヴェーダネーチャーケア学院 http://www.jnhc.co.jp/ 公式ブログ https://ameblo.jp/nishikawa-machiko/ ------ <主な著書> 「生命の科学アーユルヴェーダ」農文協、「アーユルヴェーダ入門」地球丸、その他、マイナビ、二見書房、メディカルトリビューン、ビジネス社、大和出版、PHP出版、日経BPより 著書30冊以上

シェアする