手づくりしよう。マッサージオイル

Pocket
LINEで送る

マッサージオイルを作ろう。手順とポイント

オイルマッサージをはじめる前に、まずはオイルを用意しましょう。
ここではもっとも一般的な、ごまサラダ油を使ったマッサージオイルの作り方を紹介します。
透明なごまサラダ油をキュアリング(あたためる)して作ったオイルは、粘性が適切になり、皮膚が消化しやすくなるといわれています。

 

「ごまサラダ油」を用意しよう
ごま油には、料理で使われる茶色の「焙煎ごま油」と、生のごまをしぼって作る「ごまサラダ油」の2種類があります。マッサージで使うのは後者。
透明でにおいもありません。

日本では、竹本油脂から販売されている「太白胡麻油」、かどや製油から販売されている「純白ごま油」の2つがマッサージオイルに適しています。

またコメ油は、スーパービタミンEを含有し、ごま油にまさる効果が近年認めらてきました。まさに国産のものですから安心して使用できるコメ油はキュアリングの必要もなく使用でき、これからのオイルマッサージにお勧めできます。

 

「キュアリング(加熱)」しよう
さて、用意したごまサラダ油ですが、以下の手順をみながら、キュアリング(加熱)をほどこしてください。
加熱することで、皮膚に浸透されやすくなり、不純物もとばされます。

手順①
「太白胡麻油」または「純白ごま油」1ビン(500ml)を鍋に入れ、弱火であたためます。

手順②
温度計で静かにかき混ぜながら、105~110℃になったところで火を消します。

手順③
そのまま20~30分冷まし、あら熱がとれたら、ビンや密閉容器に入れます。冷暗所に移して保存しましょう。

手順④
使用するときは、使用する分のオイルを湯せんで40~50℃ほどの温度にあたためます。
(簡易とはいえ電子レンジでの加熱はお勧めできません。湯せんが面倒な方は手のひらにオイルを乗せて十分に温めるようにして使ってみてください)

これでマッサージオイルのできあがりです。しっかり準備を整えましょう。

 

Pocket
LINEで送る

投稿者: 西川眞知子

西川眞知子

日本ナチュラルヒーリングセンター
アーユルヴェーダ自然療法家
西川眞知子

神奈川県生まれ。上智大学外国語学部英語学科を経て、佛教大学卒業。第24代ミス横浜。米国ニューオリンズ世界万国博覧会コンパニオン。幼少期の病弱を自然療法で克服したのをきっかけに、大学時代にインド、アメリカなどを歴訪し、ヨーガや自然療法に出会う。それらの経験と研究を元に、「日本ならではのアーユルヴェーダ」を提唱。体質別健康美容法を提案し、独自な簡単生活習慣改善プログラムを構築。健康美容のコンサルティング、商品開発などに携わるかたわら、講演、セミナーなどをこなす毎日を送っている。講演やセミナーは独自の発想が好評を博している。
● 株式会社ゼロサイトグループ代表取締役
● 日本ナチュラルヒーリングセンター代表
● 西川眞知子アーユルヴェーダ研究所代表
● アーユルヴェーダ医療融合協会理事
● 日本パステルシャインアート協会副代表
● 日本アーユルヴェーダ学会評議委員
● 内閣府NPO日本アーユルヴェーダ協会理事
● たかの友梨エステティックアカデミー講師
● 日本チベット研究会理事 ふるさとテレビ顧問
------
アーユルヴェーダネーチャーケア学院
http://www.jnhc.co.jp/
公式ブログ

https://ameblo.jp/nishikawa-machiko/

------
<主な著書>
「生命の科学アーユルヴェーダ」農文協、「アーユルヴェーダ入門」地球丸、その他、マイナビ、二見書房、メディカルトリビューン、ビジネス社、大和出版、PHP出版、日経BPより 著書30冊以上

西川眞知子 出版物

新版 インドの生命科学 アーユルヴェーダ
新版 インドの生命科学 アーユルヴェーダ
ヨガのポーズの意味と理論がわかる本 ~ヨガの古典とインド哲学に学ぶチャクラ理論とアーユルヴェーダ~
ヨガのポーズの意味と理論がわかる本 ~ヨガの古典とインド哲学に学ぶチャクラ理論とアーユルヴェーダ~
【アーユルヴェーダ人間学(カウンセリング)】〜「自分」と「顧客」を幸せにする、サロン繁盛! の秘法〜
【アーユルヴェーダ人間学(カウンセリング)】〜「自分」と「顧客」を幸せにする、サロン繁盛! の秘法〜
アーユルヴェーダで我慢しないアトピー生活: 体と心の快の原理 (健康双書)
アーユルヴェーダで我慢しないアトピー生活: 体と心の快の原理 (健康双書)