カラダが固いと腰痛注意!

インターナショナルリカバリー協会代表理事の伊藤晃一です。

今回は腰のエクササイズを紹介させていただきます。

腰痛とは、もっとも頻度の高い障害であり、それらはいくつかのタイプに分けられます。
その要因は様々なのですが、その一部には、身体のかたさが腰痛を引き起こしている場合もあります。
無理のない範囲で体を動かして、腰痛を予防していきましょう。

今回は腰の捻りを取り入れたエクササイズです。

①まずは仰向けに寝ます。
写真では、床に寝ていますが、ベッドの上でも構いません。
股関節、膝関節が90度になるように足を持ち上げましょう。
両手は身体が浮き上がらないように押さえる目的があります。手のひらを下にして、ご自分の身体が安定するポジションに置きましょう。

②息を吐きながら、両足を揃えて片側に倒します。
この時、顔や手、胸は動かさないようにします。
背中から腰が伸びるのを感じましょう。
また、身体のかたい方は、腕の伸びを感じることもあるかもしれません。
痛気持ち良さを感じながらしっかり伸ばしていきましょう。
足が床についたら、しばらくそのままで、ゆっくりとさらに伸ばしていきます。
この時は、自然な深呼吸を行ってください。

 

③反対側も同じように行います。

伸びがきつすぎる場合には、片側10秒ずつ伸ばし、出来そうであれば、3セットを目標に取り組んでみてください。
このストレッチに無理がなく、気持ちの良い伸びを感じられる場合には、30秒ほどしっかりと伸ばしてみてください。

痛みを感じる場合には、膝の角度を浅くし、やや足を伸ばして行うことで、負荷が軽減されます。また、負荷の軽減には、片足ずつ行なう方法もあります。

出来る範囲で実施してください。
しかし、それでも痛みがある場合や、不安がある場合には、無理に行う必要はありません。お医者様に相談してみてくださいね。

筋肉や関節をやわらかく動かすストレッチは、身体面だけでなく、精神面での良い効果も期待できます。
無理のない範囲で、日々の生活にストレッチを取り入れてみてください!

投稿者: 伊藤晃一

伊藤晃一
一般社団法人インターナショナルリカバリー協会代表                                 《経歴》 2001年 パーソナルトレーナーデビュー     Body Engineer認定パーソナルトレーナー資格取得 2008年 KAATSU JAPAN株式会社認定加圧トレーニング取得 2009年 ニューヨークにてパーソナルトレーナーとして活動 2011年 BESJ認定マスターストレッチ、マットピラティス取得 2012年 株式会社ワン設立 スタジオCarpeDiem(三軒茶屋)オープン     O脚矯正資格取得 2014年 スタジオONE(千葉)オープン、     杏林予防医学研究所アカデミー中級講座修了 2015年 ウミヨガインストラクター養成講座修了     日本ファスティングコンシェルジュ協会認定シニアファスティング       コンシェルジュ(SFC)取得 2016年 ミスター・ベストボディ・スーパーモデル2016選出     東京山王ロータリークラブにて講演 2017年 『がん治療』新時代!もう一つの選択肢 『運動』 をあなたへ!     福岡、三重、長野、愛知、茨城にて講演。 2018年 ベスト・ボディジャパン京都大会ファイナリスト     MDRTソニー会「プロとしての身体づくり」宮崎にて講演     平塚湘南ロータリークラブにて講演 ------ アメブロ https://ameblo.jp/ito-koichi/

シェアする