心疾患・糖尿病をダブルで予防!

Pocket
LINEで送る

カラダを正常に働かせるために、欠かせない栄養素のひとつが「マグネシウム」です。
カルシウムや亜鉛などと同じく必須ミネラルのひとつです。

ですが、マグネシウムがどんな役に立っているのか、ぱっと答えられる人?
マグネシウムを豊富に含む食品をパッと答えられる人、は少ないのではないでしょうか。


しかし、このマグネシウムについての大規模な研究調査の結果が次いで発表されて、
心疾患や糖尿病を予防する働きがあることがわかってきました!
NHKの人気番組では、そんなマグネシウムについて特集をしていました。

「マグネシウム」にはどんな効果があるの!?

「マグネシウム」はこの地球を構成する要素のひとつでもあります。私たち人の体の中にも、骨や血液、全身の細胞に含まれています。その量、成人の場合で約30g。
この30gという量は、身近な栄養素の一つである鉄分の約6倍にもあたります。
マグネシウムの主な働きは、骨や歯を作ったり、エネルギー代謝をすることにも欠かせない、体内の「酵素」を活性化させること。
さらに、マグネシウムが生活習慣病を予防する効果があるという発表が次々とされています。マグネシウムを多く含む食品をよく食べる人ほど、心疾患の発症リスクが最大で3割も低かったというデータや、糖尿病の発症率がおよそ4割も低かったという研究データが示されているのです。
これは見逃せませんね!

「マグネシウム」不足な日本人!?

ところが、多くの日本人がマグネシウム不足であると言われています。
その理由として、マグネシウムを多く含む大豆製品や海藻、穀物を食べる量が減ってきているからだそうです。
また、マグネシウムが不足しがちなもう一つの大きな理由が「ストレス」。
ストレスがかかると、腎臓の働きが低下してしまい、尿から多くのマグネシウムを排出してしまう事がわかっています。ストレスがかかりがちな現代人だからこそ、意識して積極的にマグネシウムを摂取することが必要なのです。

「マグネシウム」たっぷりの食材は?

マグネシウムは豆類や大豆製品、そして魚介類、穀物などに多く含まれています。
例えば、納豆だと1パックで50mgのマグネシウムを摂取することができます。
他にも豆腐半丁(150g)には75mg アーモンドは25粒で72mgものマグネシウムが含まれています。
わかめ130mg。
そば(生)65mg。
ほうれん草69mg。
ひじき(ゆで)37mg。
(すべて100g当たりのマグネシウム含有量)
※出典 文部科学省 食品成分データベース

これらの食材には、マグネシウム以外にも他の微量栄養素が豊富に含まれています。
毎日の食事で積極的に摂り入れたいものですね。

 

Pocket
LINEで送る

投稿者: 健康ウォッチャーSee

健康ウォッチャーSee

健康オタクのアラフォーSeeko です。自分や家族、歳いった両親、友人の健康まで気になるお節介。健康に関する雑学を書いていきたいと思います♫