侮るなかれ!健康新常識

Pocket
LINEで送る

どんどんと新しい情報にアップデイトされているものに「健康知識」や「健康情報」があるのではないかと思います。少し前までの健康常識が…時代と共に「都市伝説」となっていたり、「危険な常識」になっていたりすることもあるのです。

そこで「昔の常識が今は違う!」という豆知識をいくつかまとめてお届けします。
ナビ役はTBSの人気番組『この差って何ですか?』です。

 

昔:ふくらはぎを揉むと血行がよくなり疲れがとれる
今:ふくらはぎを揉むのは危険
(専門家:岡田正彦 新潟大学名誉教授)

「マッサージ」に関する新しい健康常識
「足が疲れた時ふくらはぎを揉むのは危険」


ふくらはぎは「第2の心臓」と呼ばれています。
ふくらはぎの筋肉がポンプのような働きをすることで、心臓から足先まで降りてきた血液を再び心臓まで戻すという役割があるのです。
そのため、昔は「ふくらはぎを揉むことでポンプ機能が促進されて血行が良くなる」と考えられていたのです。

しかし、最近の研究では、「ふくらはぎにある心臓に繋がる大静脈には血栓ができやすい」ことが分かってきたのです。

つまり、ふくらはぎの血管は、血液を体の下から押し上げる折り返し地点であるため、他の血管に比べて血流が悪く、血栓ができやすくなるのです。
通常は血栓ができたとしても、その多くはとても小さいためにそれほど心配はありません。

しかし、ふくらはぎを揉むことで血栓が一気にはがれてしまうと非常に危険なこともあるのです。はがれた血栓が肺などの血管に詰まることで、呼吸困難などに陥り、命に係わる様々な症状を引き起こす可能性があるそうなのです。

一日中座って仕事をしている人や、運動不足、肥満の人は特に注意が必要です。

 

ふくらはぎがだるく感じて辛い時には、強くもんだりはせず、優しくさするだけにしましょう。優しくさするだけでも血行は回復します。

Pocket
LINEで送る

投稿者: 健康ランド

健康ランド

高齢者や生活習慣病のご家庭が増えています。病院に頼るだけでなく、家庭での健康管理がとても大切。そんな日常生活に役立つ健康情報やミニ知識をレポしていきます。