今でしょ、鯖缶!

Pocket
LINEで送る

鯖缶の栄養価が高いことはもう皆さんご存知ですよね。
美味しくて、ヘルシーなのに栄養価が高くて、安価で日持ちする鯖缶は、現代人の心強い味方です。ならば、その鯖缶の良いところをできる限り生かしたい!

テレビ朝日系の人気番組『林修の今でしょ講座』では、そんな鯖缶をはじめとする「魚の缶詰」のさらなる豆知識を集めました。
あなたのサヴァライフがもっと素敵になりますよ!

1)鯖缶✘マヨネーズ でさらに最強!
①さば缶をお皿に開けてマヨネーズをかける
②その上にみじん切りにした玉ねぎを上にかける
③最後に軽く醤油をかける

マヨネーズに含まれる「酢」を一緒にとることで、鯖缶に豊富に含まれるカルシウムの吸収が促進されるそうです。
鯖缶には、豊富なDHA,EPAが含まれていて、これらは生で食するよりも豊富でよいそうです。
何より骨まで丸ごと食べられるし、スーパーフードですよね。
脳細胞が活き活き、動脈硬化も防いでくれますよ。

また、鯖は冬が旬の魚です。どうせかうのなら、缶詰に記されている製造日が冬に近いほど、栄養価が高いことが予測されます。

 

2)いわし缶は汁ごと炊き込みごはん
いわしのしょうゆ煮缶 1缶
梅干し 1合に1粒
みりん 大さじ1
しょうゆ 小さじ1

炊飯する前に汁ごといわし缶と梅干し、みりん、しょうゆを入れてご飯を炊くだけ!

いわし缶✘梅干しは、血流促進効果アップの最強コンビ。また、血管の老化を防ぐ、イワシペプチドも豊富です。血液サラサラ効果を狙うなら、いわし缶を味方につけましょう。

 

3)さけ缶とブロッコリーのニンニク炒め
さけ缶 1缶
オリーブオイル 大さじ1
ニンニク(みじん切り) 小さじ1
しょうゆ 小さじ1
塩&胡椒 適量
①ブロッコリーは小房に分け、芯が柔らかくなるまで茹でる
②フライパンにオリーブオイル、ニンニクを入れて火にかけ、香りがたってきたら、ブロッコリー、さけ缶を入れ全体にあえるように炒め、仕上げにしょうゆ、塩胡椒で味を整える

免疫力アップを狙うならさけ缶がおすすめ。アスタキサンチンは、カラダの酸化を防いでアンチエイジング効果も抜群です。
アスタキサンチンは油に溶けやすいため、オリーブオイルで炒めるとなお一層その効果が増すのです。

Pocket
LINEで送る

投稿者: Foodwriter

Foodwriter

雑誌、ネットなどで活躍するフードライターです。今まで培った知識の中から旬に食していただきたい食の豆知識、ちょっとした調味料の使い方、食べ合わせ、工夫次第で薬になる食べ物のことなどをお届けします。