長寿&がん予防で注目! 腸内細菌パワー覚醒術

長寿&がん予防で注目!
最近ますます注目をあつめているのが、腸内細菌のパワー。

スーパーでは、様々な健康サポートをうたったヨーグルトが、ずらりと並んでいます。
まさに空前の、腸内細菌ブーム。
腸活は大切ですよね。
NHKの人気健康番組ガッテン!では、体に良い作用をもたらす“善玉菌”が多い地域を発見!その最新研究の現場をレポートしていました。
どうせなら賢く有効に善玉菌を増やしたいものです。

長寿にがん予防まで!? 腸内細菌が秘めた可能性を探る

番組が注目したのは、京都府北部「京丹後」といわれる地域です。古くから健康長寿で知られ、さらに大腸がんの罹患率も低いという特殊な地域なのだそうです。
なぜ一か所集中なのか?その原因は何なのか?
地域の高齢者の体を徹底的に調べる一大プロジェクトが進められています。
見えてきた一つの可能性が、特別な「腸内細菌」の存在なのだとか!?
体内の炎症を抑える良い働きをしてくれる、ある“善玉菌”が多いことがわかってきました。

いま大注目のすごいパワーを秘めた善玉菌、どうやったら自分たちも増やせるのでしょうか?

 

ヨーグルトの真実…正体は「お助けマン」

腸にいいといえばヨーグルト。
ですがヨーグルトに含まれる菌に関して、興味深い研究があるのです。

ヨーグルトを食べている間は、ヨーグルト由来の菌がおなかの中にいますが、食べるのをやめると、いずれおなかの中からいなくなってしまうんです。
実はヨーグルトの菌は「通過菌」と呼ばれ、もともとおなかの中にいる「常在菌」とは違う性質・働きを持っています。
ヨーグルトの菌は腸の中には住み着かず、最終的には出て行ってしまいます。

でもご安心を!
彼らが働くのは腸の中を通過するとき。
良い物質を出して常在菌を助けてくれているのです。
なるほど、ヨーグルトは、食べ続けることが大切なんですね。

善玉菌を増やす秘策は「水溶性食物繊維」にあり!

体に良い“善玉菌”を増やすには、常在菌を増やしてあげることがポイントです。
その方法は、ずばり「水溶性食物繊維」を摂取すること!
実は水溶性食物繊維は、特定の善玉菌のエサになってくれていたんです。

京丹後のみなさんの食生活アンケートでは、やはり水溶性食物繊維を多く含む食品を多くとっていることが明らかになりました。

実は日本人の食物繊維の平均摂取量は14.6g。国が定める目標値は21g(成人男性)と18g(成人女性)で、5gほど足りていません。
一日にプラス5gの食物繊維、そのうち1.5gの水溶性食物繊維をとることを意識してみてください。

<水溶性食物繊維を多く含む食品>
☆海藻 ☆大麦など全粒穀物 ☆根菜類 ☆豆類 ☆イモ類 ☆キノコ類

京丹後のみなさんの食生活が一様に、水溶性食物繊維を多く含む食品を摂っている事実。地域的に何かあるのか、郷土料理などの食生活なのか、ちょっと気になりますね。

現代人は食物繊維不足です!

水溶性食物繊維をとるコツは2つ。

  • お味噌汁を具だくさんにしましょう!(水溶性食物繊維を多く含む食材を加えて)
  • ヨーグルト+フルーツ

一度にたくさんとるよりも、毎日の習慣として、おなかの中の菌にエサをあげるように食物繊維をとることがオススメです。

なるほど、続けること!!おなかの菌にも毎日ごはんが必要ということですね。
それを意識して、食べてみようかな。

 

 

投稿者: 健康情報テレビくん

健康情報テレビくん
人気のTV番組より、ぜひチェックしておきたい健康情報ネタをタイムリーにお知らせ。健康情報はどんどん新しくアップデイトされますから、最新の話題を知っておきたいよね。