免疫細胞2つのモード

Pocket
LINEで送る

放送1000回目を迎えた人気番組、NHKガッテン。今回のテーマは「免疫力」です。
風邪や肺炎はもちろんのこと、がんなど様々な病気から身を守る免疫の働きを良くするにはどうすればいいのか。日頃ケアできることも多いだけに、これからの季節は特に「免疫力」を協会しておきたいですよね。

番組では、免疫の2つのモードに着目しました。

最近の研究で、自律神経のひとつ「交感神経」が、免疫の働きに関わっていることがわかってきたそうです。
免疫細胞のひとつである「リンパ球」は交感神経の働きが落ち着くと、より多く血液中に放出され、ウイルスなどの敵と戦ってくれます。
ですから、ストレスや睡眠不足で交感神経が優位になりがちな現代人は、休息や睡眠をしっかり取って「副交感神経」へのスイッチも意識的に入れてこの2つのバランスを拮抗させることがとがとても大切です。
ちょっと風邪気味かな?と思ったら、早目に休息をとったり、自分の好きなことをしてリラックスしたりすることが大切なのはそういう理由からなのです。

免疫細胞の『2つのモード』

免疫細胞の主役ともいえる「リンパ球」。
このリンパ球の働き方には2つのモードがあることが注目されています。
それが、リンパ球が体中を巡ってウイルスに感染した細胞やがん細胞を見つけて退治する【パトロールモード】と、リンパ節と呼ばれる組織に留まり、病原体などについて学習する【学習モード】です。
私たちの体は、この2つのモードを適切に切り替えることによって、免疫システムがうまく保たれているのです。

風邪や病気に負けない免疫力を手に入れるポイント

最近の研究で、免疫の2つのモードのコントロールには、交感神経が深く関係していることがわかってきました。
交感神経が活性化すると【学習モード】に、副交感神経へと落ち着くと【パトロールモード】になると考えられています。
どちらのモードも、免疫にとっては重要です。
でも、仕事が忙しい時期が続いたり、ストレスがあったりすると、交感神経が活性化したままになりがちです。
すると2つのモードの切り替えがうまくいかなくなる危険があります。

そこで番組では、日々スイッチが入りっぱなしになりやすい交感神経の働きを抑えて、免疫システムを機能させるための2つのポイントを紹介いたしました。それは…

《十分な睡眠》と《日中の休息》なのです。

 

1)十分な睡眠

睡眠の際は、交感神経の働きが落ち着きます。
十分な時間の睡眠をとることは免疫の働きを高めるうえでとても大切です。
海外の研究によると、睡眠時間が6時間未満の人は7時間以上の人より、4倍以上風邪を引きやすい、という結果が出ているそうです。
(カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究、Sleep, 38:1353, 2015)

2)日中の休息
ストレスを感じたり、多忙で睡眠が十分とれなかったりするときに、短時間でも「昼寝」や「自分の好きなことをする」など、リラックスにつながる行動をとることをおすすめします。
昼寝は午後1時~3時の間で、30分以内を目安にしてください。
なお「好きなことをする」場合も、興奮することや激しい運動は、交感神経を逆に活性化させる可能性もありますのでご注意くださいね。
季節の風を感じながら軽く散歩をするような運動はお勧めです。

なるべく小まめに副交感神経のスイッチを入れてあげるのは、深い呼吸を行うこともよいとされています。ご自分なりの、リラッスク法を身に着けておきましょう。

 

 

Pocket
LINEで送る

投稿者: 健康情報テレビくん

健康情報テレビくん

人気のTV番組より、ぜひチェックしておきたい健康情報ネタをタイムリーにお知らせ。健康情報はどんどん新しくアップデイトされますから、最新の話題を知っておきたいよね。