深く眠るコツははじめの90分

Pocket
LINEで送る

年齢を重ねると「ぐっすり眠れない」「夜何度も目が覚める」「目が覚めると寝付けない」という声を聞くようになります。朝までぐっすり眠れないのはつらいですよね。
夜何度も目が覚めて、睡眠の満足度が低いあなたへ朗報!
NHKの人気健康番組ガッテン!で「深く眠る技」を伝授していましたよ。

朝までぐっすり眠れなくても、心配いりません!
なんと最初の90分を深く眠ることができれば、睡眠の質をグっと上げることが可能になるそうです。
アメリカ・スタンフォード大学の研究者が自ら実践する快眠ワザをお教えします。

 

睡眠の新常識!
忙しい人こそ最初の90分深く寝る

睡眠のレジェンド研究者として番組に登場したのは、スタンフォード大学睡眠生体リズム研究所所長の西野精治さん。
30年以上海外で活躍する、世界的な睡眠研究者です。

いま西野さんが危惧しているのが、日本人の睡眠時間が諸外国と比べて短いこと。
健康を維持し仕事の効率性を高めるためには、できるだけ睡眠時間を長くしてほしいと訴えています。
ただ、実際には、仕事や子育てでどうしても睡眠時間が短めにならざるをえない人がいるのも事実。

そこで西野さんが広く講演などで伝えているのが「最初の90分深く眠ること」の大切さなのだそう。

睡眠時間のうち、特に最初の90分を深く眠ることができれば、体調を整える成長ホルモンの分泌が促されることなどがわかっています。
今回、日頃から質のよい睡眠をとるように心がけている西野さんの睡眠を計測させてもらうと、睡眠中に何度か目が覚めていましたが、最初の90分は深い睡眠がとれていました。
西野さんによると、通常年を重ねるとどうしても睡眠の途中で目が覚めやすくなりますが、またすぐに入眠できるようであれば、必要以上に気にしない方がよいとのことです。

 

レジェンド直伝!最初の90分深く眠るコツ

最初の90分を深く眠るためのポイントは「眠気がきたタイミングで寝ること」。
西野さんによると、昼夜のメリハリを意識して一日を過ごせば、自分の寝たいタイミングにちょうど眠気がきやすくなるとのことです。

世界中の研究をもとに、実際に西野さんご自身が実践する方法をご紹介いただきました。

朝食は決まった時間に。よくかんで食べる
朝 日光を浴びる
脳も体も午前中に積極的に動かし、夜になるにつれて落ち着かせる
寝る前は部屋を薄暗くし、リラックスして眠気を待つ

 

眠気をつくる!お風呂ワザ

西野さんが忙しい方にオススメするのが「寝る1時間半前のお風呂」。
入浴をすると、体の内部の温度である深部体温がいったん上昇します。
すると体は手足などの血管を拡張して、その熱を外に逃がそうとし、およそ1時間半後には深部体温は元の温度よりもかなり下がった状態になります。

この深部体温が下がったときこそ、眠気がおきやすくなり、最初の90分が深い眠りになりやすいと考えられているのです。

睡眠の質を良くする入浴のポイント
入浴は寝る1時間半前
40℃のお湯に15分が目安
寝る直前に入浴するときはシャワーですます

なるほど、お風呂に入ってすぐに眠ろうとするのではなく、1時間半前に入浴をするということですね
夜11時に就寝なら9時半ごろかな。一つの目安として、この冬試してみたいです。


 

Pocket
LINEで送る

投稿者: 健康ランド

健康ランド

高齢者や生活習慣病のご家庭が増えています。病院に頼るだけでなく、家庭での健康管理がとても大切。そんな日常生活に役立つ健康情報やミニ知識をレポしていきます。