マスク生活にニンニクのお料理

毎日、右往左往するオリンピックがらみのニュース。
ワクチン接種が進む一方で、次から次へと変異株が出てきてしまい、ずるずると長引いている感染対策は、どうも十分に機能していない様子が否めません。
毎日のニュースは、その多くがネガティブな内容で、しかも「あ~あ」「またこんなこと言ってる」というようなため息交じりのものばかり。こんな最中に生活していると、知らず知らずのうちに私たちはストレスを蓄積させています。

そう、ストレスフルな状態でいる人たちが本当に多いそうです。

免疫を上げておかないとこれからは熱中症も怖いですよね。
少しでもやれることないかな~、ということで、マスク生活の今だからこそ食しやすい「ニンニク料理」を、食卓の常連にすることをお勧めします。

ニンニクを食べた後、翌日気になる臭いも、

・お互いにマスクなのでかなり軽減される(ほとんど気づかれない)。

・ソーシャルディスタンスで近づきすぎないので安心。

・リモートやテレワークの日など増えているので大丈夫。

と、マスク生活の今だからこそ、食べやすい!
毎日活用して、免疫もストレスも退治しておきたいですね。

 

免疫力を高めるには、活性酸素を取り除く効果の高い抗酸化食品を積極的に摂取することが望ましく、その代表選手がニンニクです。

ニンニクには、アリインというたんばく質が多く含まれているのですが、アリインが酸素に触れると、アリシンに変化をします。
アリシンは細胞内に浸透しやすく酸素と結びつきやすい性質で、細胞膜や遺伝子の代わりに活性酸素に利用されて体外に排出してくれるのです。ニンニクは、こうした抗酸化作用で免疫を高め、がん予防にも効果的と言われていますね。

通常のメニューに、すりおろしにんにくをひとさじ加えるだけで、コクと旨味が増して食欲も増進してくれます。ニンニクは味噌とも相性が良いので、味噌汁に少し加えるのも、風味が増して美味しいんですよ。

最近はチューブや瓶詰の美味しいおろしにんにくも増えていますから、冷蔵庫に常駐させましょうね。

まだまだ油断できない長期戦が強いられる今だからこそ、ニンニクで夏バテ知らずの体を作ってくださいね。

投稿者: Foodwriter

Foodwriter
雑誌、ネットなどで活躍するフードライターです。今まで培った知識の中から旬に食していただきたい食の豆知識、ちょっとした調味料の使い方、食べ合わせ、工夫次第で薬になる食べ物のことなどをお届けします。

シェアする