サングリアで美人度アップ

Pocket
LINEで送る

サングリアは、赤ワインや白ワインに旬のフルーツやスパイス、ハーブ類を混ぜ、それらをつけて寝かせてつくるお酒です。難しいことは何もなく、お好みのフルーツや香り、でOKです。ざく切りに切った具材を大き目のピッチャーに入れ、ワインを注いで一晩冷蔵庫で寝かせれば、美味しいサングリアとなります。

サングリアは、スペインのアンダルシア地方が発祥の地。赤ワインのタンニンが抑えられフルーツの甘みや香りでとても飲みやすく美味しくなります。
赤ワインには、老化に効くポリフェノール「レスベラトロール」が豊富に含まれ、悪玉コレステロールを制御する働きがあります。また、動脈硬化や心筋梗塞、アルツハイマー、認知症などにも効果があるとされ、2000年には一大ブームを巻き起こしました。諸説色々ありますが、1日グラス1杯の赤ワイン(特にピノ・ノワール種)にはアンチエイジング効果が高いといえそうです。

そして、サングリアととても相性の良いのが柑橘類やリンゴ。これらのフルーツにはビタミンCやEが豊富にに含まれていて、むくみ予防や美肌効果も期待できそうです。
お休み前に好きなアロマを焚いて、お気に入りのBGMをかけて、スマホは捨てて読書。そして一杯のサングリアが一日の疲れを流してリラックスを誘います。抗ストレス効果も期待できるサングリアで寝苦しい夏も気持ちよく過ごしてくださいね。

 

 

Pocket
LINEで送る

投稿者: Foodwriter

Foodwriter

雑誌、ネットなどで活躍するフードライターです。今まで培った知識の中から旬に食していただきたい食の豆知識、ちょっとした調味料の使い方、食べ合わせ、工夫次第で薬になる食べ物のことなどをお届けします。