キノコの健康効果 マイタケ

Pocket
LINEで送る

キノコは、全般的に身体によい食べ物であることは周知の事実ですよね。でもこのキノコには様々な種類があって、種類によって健康効果が少しずつ違うのです。

それならば、目的に合わせて賢くチョイスして活用したいですよね。
TBSの生活の知恵番組「この差って何ですか?」では、第一工業大学 自然環境工学科 教授の吉本博明先生にご指南いただき、キノコの健康効果について解説をしていました。

 

この3つはキノコの健康効果代表選手ともいえるので、ぜひ覚えておいてくださいね。

★「免疫力アップ」には 「マイタケ」
★「高血圧予防」には 「シイタケ」
★「疲労回復」には「エノキタケ」

 

キノコは他の食材と組合せることで、さらにその健康効果アップが期待できるそうです。

健康長寿食材のキノコですが、生産量・消費量の全国1位は、長野県です。
実際に長野県は、都道府県別平均寿命が男性2位で 81.75歳。女性は、なんと1位で87.675歳なんです。興味深いデータですね。

キノコには、「免疫力アップ」「高血圧予防」など、年齢を重ねると気になってくる健康効果がたくさんありますが、さっそくキノコ別にその魅力を解説していきましょう。

 

 

免疫力アップ !マイタケの効果

免疫力アップに効果的なキノコの代表が「マイタケ」です。
インフルエンザの猛威でお分りの通り、冬の時期は身体の「免疫細胞の働き」が弱くなってしまい、体内に「ウイルス」や「細菌」が侵入しやすくなるんんです。免疫がこれらに負けてしまうと、風邪やインフルエンザなどの病気にかかりやすくなってしまういます。そのため、特に冬は「免疫力アップ」が必要になります。

「免疫力アップ」には、「α(アルファ)グルカン」が効果的です。αグルカンは、体内に入ると「免疫細胞の働き」を活性化してくれます。

キノコの中でもこのαグルカンが多く含まれているのがマイタケなんです。マイタケは、インフルエンザの予防にも効果的だそうです。

 

マイタケ+ゴボウで効果アップ!

マイタケをさらに「免疫力アップ」する食べ方は、「ゴボウ」と一緒に食べることです。「ゴボウ」には、「イヌリン」という成分が入っています。この「イヌリン」は、αグルカンと一緒にとることにより、免疫細胞の働きをより活性化し、病気になりにくくする最高のパートナーなのだとか。

マイタケとゴボウのささがきをオリーブオイルで炒めて塩胡椒を振るだけで、どちらからもだし汁が出て美味しい一品になります。冷めても美味しいですから、お弁当のおかずにもよいですね。
これに鳥のひき肉を合わせれば、パパも喜ぶ美味しいおつまみに変身!食物繊維もたっぷりで、ローカロリーで腹持ちもよいおかずになります。
ぜひ、ご家庭の定番にして、元気に冬をお過ごしください。

Pocket
LINEで送る

投稿者: Foodwriter

Foodwriter

雑誌、ネットなどで活躍するフードライターです。今まで培った知識の中から旬に食していただきたい食の豆知識、ちょっとした調味料の使い方、食べ合わせ、工夫次第で薬になる食べ物のことなどをお届けします。