アーユルヴェーダで心身をデトックス!

アーユルヴェーダでデトックス!
毒素「アーマ」が蓄積する原因と改善方法

アーユルヴェーダはデトックスの生みの親

今時代は何か良いことを足していくより引き算していく美容法に注目が集まりつつあります。
その一つに断食や有害な物質が体内に入れないようにと有機野菜に注目され、またシャンプーや化粧品などが皮膚から体内に侵入して体の蓄積される恐ろしさを訴える経皮毒という考え方。
それが今注目されている美容健康法「デトックス」。昨今では、世界中の人が、自分の不調は「毒素が溜まっているせいでは?」と考えるようになりました。急に広まったように感じられる「デトックス」や「解毒」ですが、実はアーユルヴェーダでは、紀元前にすでに気づき、実践していました。

デトックスの生みの親・アーユルヴェーダにおける、正しいデトックスの考え方と、具体的な実践方法についてご紹介します。

アーユルヴェーダにおけるデトックスの考え方とは?

アーユルヴェーダを一言で表すなら「引き算の医学」です。「体にたまった過剰な毒を抜く」という考え方をベースにしています。なので、その人の体質を表す「ドーシャ」という言葉も、実は「増えやすいもの」という意味を持っています。その増えやすいものが過剰になると、自分の本来のバランスを崩し、やがては病気を引き起こす、と考えます。

アーユルヴェーダでは、一口に「毒」といっても、その人にとって毒になるか薬になるかは、人それぞれ異なると考えます。また、どんなに素晴らしいものでも、使い方を間違ったり、時間や季節などのタイミングがずれてしまうと、途端に毒になるとされています。

それだけではなく、毒は、心や環境、人間関係にも溜まるといわれています。毒はあらゆるものに溜まり、循環を悪くして、さらなる毒を生み、流れをせき止めてしまうのです。少し飛躍しているように聞こえるかもしれませんが、運気を上げるのもデトックスからはじまります。最近広まっている「断捨離(だんしゃり=不要なものを減らそうとする考え方)」は、実は運気を上げる重要なライフスタイルなのです。

このように、デトックスはアーユルヴェーダの得意分野。デトックスを知ることは、アーユルヴェーダを知ることにも等しいくらい、両者は深い関係にあるのです。

デトックスにおける重要な用語「アーマ」とは?

アーユルヴェーダのデトックスにおいて重要なのが、「アーマ」という言葉です。先ほどから使っている「毒」という言葉を、アーユルヴェーダの定義に置き換えて呼ぶと「アーマ」になります。その正体は、老廃物や未消化物。3つのドーシャがアンバランスになると、消化や代謝がうまく進まなくなり、老廃物や未消化物(=アーマ)がたまります。それが毒素となって、病気を引き起こすのです。

あなたはどれくらい毒素が溜まっている?アーマの蓄積度をチェック

さて、デトックスの実践方法を紹介する前に、まずはあなたがどれくらいアーマを蓄積しているのかチェックしましょう。あなたのアーマが、どのタイプのドーシャを持っているのかも知らなければなりません。それによってデトックスのやり方が変わってくるからです。

なお、アーマは体だけでなく、心にもたまります。なので、毒素のチェックは「体」と「心」の両面から行っていきましょう。

体の毒素チェック
体の毒素をチェックしましょう。
以下の質問に当てはまる場合は4、まったく関係ない場合は0、ときどきある場合はその頻度に応じて1~3の数字をつけてみましょう。

≪ボディリ・アーマチェック≫
4=よくある 3~1=ときにある 0=まったくない

①食べ物への興味がわかず、食事時でも腹がすかない
②食べても味がしない
③胸やけがしたり、酸っぱいものが込み上げてくる
④舌に苔がある、あるいは口内がねばねばする
⑤発疹やにきび、他の化膿など病変ができて治りにくい(歯槽膿漏も含む)
⑥尿の濁りが強い
⑦慢性の便秘や下痢がある
⑧おならの臭いや体臭、口臭が強い
⑨関節や足の裏、かかとなどが理由もなく痛む
⑩寝て起きたとき、体がだるく、こわばっている

合計点数(ボディリ・アーマ蓄積度:           )
いかがでしたか? 理想は言うまでもなく0点です。毒素に気づき、いち早く対処する「毒素バスター」を目指しましょう。また、上記の不調から、どのドーシャのバランスが崩れているかも分析できます。

 カパの毒素……①、②、④、⑥
 ピッタの毒素……③、⑦(下痢の場合)、⑧
 ヴァータの毒素……⑦、⑨

どのドーシャの毒素が増えているかを知ると、生活の中で注意することが変わってきます。

次回は心の毒素チェックを行いましょう!

 

参考文献:
「アーユルヴェーダ実践BOOK」西川眞知子著    P40~41
「おうちで毒出し!アーユルヴェーダ」西川眞知子著 P30

投稿者: 西川眞知子

西川眞知子
日本ナチュラルヒーリングセンター アーユルヴェーダ自然療法家 西川眞知子 神奈川県生まれ。上智大学外国語学部英語学科を経て、佛教大学卒業。第24代ミス横浜。米国ニューオリンズ世界万国博覧会コンパニオン。幼少期の病弱を自然療法で克服したのをきっかけに、大学時代にインド、アメリカなどを歴訪し、ヨーガや自然療法に出会う。それらの経験と研究を元に、「日本ならではのアーユルヴェーダ」を提唱。体質別健康美容法を提案し、独自な簡単生活習慣改善プログラムを構築。健康美容のコンサルティング、商品開発などに携わるかたわら、講演、セミナーなどをこなす毎日を送っている。講演やセミナーは独自の発想が好評を博している。 ● 株式会社ゼロサイトグループ代表取締役 ● 日本ナチュラルヒーリングセンター代表 ● 西川眞知子アーユルヴェーダ研究所代表 ● アーユルヴェーダ医療融合協会理事 ● 日本パステルシャインアート協会副代表 ● 日本アーユルヴェーダ学会評議委員 ● 内閣府NPO日本アーユルヴェーダ協会理事 ● たかの友梨エステティックアカデミー講師 ● 日本チベット研究会理事 ふるさとテレビ顧問 ------ アーユルヴェーダネーチャーケア学院 http://www.jnhc.co.jp/ 公式ブログ https://ameblo.jp/nishikawa-machiko/ ------ <主な著書> 「生命の科学アーユルヴェーダ」農文協、「アーユルヴェーダ入門」地球丸、その他、マイナビ、二見書房、メディカルトリビューン、ビジネス社、大和出版、PHP出版、日経BPより 著書30冊以上

シェアする