アンチエイジングのそら豆

Pocket
LINEで送る

ほくほくとしたそら豆は独特の風味と食べ応えもあり、この季節に人気の食材です。えんどう豆が旬を終えるころ、そら豆がスーパーの棚に並びだします。

そら豆には豊富なビタミンが含まれていますが、なかでもビタミンB1、B2が多く含まれてます。ビタミンB1は糖質を分解してエネルギーに変換するために必要なビタミン。そして、ビタミンB2には、糖質と脂質の代謝を促進する働きがあり、毎日運動をするような人や肉体を使う仕事の人などは意識して摂取したいビタミン軍です。
おなじみビタミンCは、コラーゲンや細胞の生成を助ける美肌の救世主。免疫力を強化して、風邪やがんの予防にも役立ちます。
また、そら豆には植物性たんぱく質も豊富に含まれています。脂質をあまり摂りたくない人は、この季節そら豆などの豆類でたんぱく質の摂取を心掛けたいですね。ヘルシーにたんぱく質を摂取できるのでダイエット期にもおすすめです。
カリウムも豊富に含むので、体内の余分なナトリウムを排泄する働きが期待できます。むくみが気になるのならば、こまめに摂取してみましょう。
塩で茹でただけでおいしいので手軽に食べやすいそら豆ですが、ミキサーですりつぶしてポタージュスープにしたり、ご飯と一緒に炊いてそら豆ご飯にしたり、バターでソテーしても風味が増しておいしくいただけます。二日酔いも予防してくれるので、お酒のおつまみにも最適です。
今旬を迎えたそら豆。おいしくヘルシーに頂いて、細胞のアンチエイジングを図ってくださいね。
Pocket
LINEで送る

投稿者: Foodwriter

Foodwriter

雑誌、ネットなどで活躍するフードライターです。今まで培った知識の中から旬に食していただきたい食の豆知識、ちょっとした調味料の使い方、食べ合わせ、工夫次第で薬になる食べ物のことなどをお届けします。