ヴァータの体質とは

ヴァータの体質

 

ご自分がどの体質の傾向か、

なんとなくこれではないかな、という感じがつかめましたか。

体質はいろいろと向き合いながら「これとわかってきます」

はじめは決めつけずに、つきあってみてください。

とはいえ、それぞれどのような特徴があるのか気になりますよね。

 

順を追ってみていきましょう。

複合型だと思われた人は、二つの特徴を見てみてくださいね。

 

まず、ヴァータの体質の人の特徴です。

 

風と空のエネルギーを持つヴァータは、

そのふたつの特徴のごとく、空間に吹く風のような

動性の特徴を心身の特徴に持ちます。

軽やかで、クールで、自由に動き回るイメージ。

 

外観的には、体つきはきゃしゃで、身長は低いか高くてほっそりとしています。

ヴァータの力が強い人は生まれてからずっと瘦せていて、

太ったことがない、などという方が多いようです。

 

卵型のすっきりとした顔立ちですが、皮膚や髪は乾燥気味。

筋肉がつきにくいため、血管が浮き出ていることも。

 

ヴァータがバランスを取れている時には、機敏で軽やかによく動けますが、

その逆にバランスを崩してしまうと、手足が冷えたり乾燥しやす、

いろいろなことに気が散りまとまりにくくなりがちです。

 

私のでは、ヴァータの人に向いている仕事や

美容的なアドバイスも掲載していますので、

こちらから詳しく見てくださいね。

 

≫ヴァータ体質のひと そしてアドバイス

 

投稿者: 西川眞知子

西川眞知子
日本ナチュラルヒーリングセンター アーユルヴェーダ自然療法家 西川眞知子 神奈川県生まれ。上智大学外国語学部英語学科を経て、佛教大学卒業。第24代ミス横浜。米国ニューオリンズ世界万国博覧会コンパニオン。幼少期の病弱を自然療法で克服したのをきっかけに、大学時代にインド、アメリカなどを歴訪し、ヨーガや自然療法に出会う。それらの経験と研究を元に、「日本ならではのアーユルヴェーダ」を提唱。体質別健康美容法を提案し、独自な簡単生活習慣改善プログラムを構築。健康美容のコンサルティング、商品開発などに携わるかたわら、講演、セミナーなどをこなす毎日を送っている。講演やセミナーは独自の発想が好評を博している。 ● 株式会社ゼロサイトグループ代表取締役 ● 日本ナチュラルヒーリングセンター代表 ● 西川眞知子アーユルヴェーダ研究所代表 ● アーユルヴェーダ医療融合協会理事 ● 日本パステルシャインアート協会副代表 ● 日本アーユルヴェーダ学会評議委員 ● 内閣府NPO日本アーユルヴェーダ協会理事 ● たかの友梨エステティックアカデミー講師 ● 日本チベット研究会理事 ふるさとテレビ顧問 ------ アーユルヴェーダネーチャーケア学院 http://www.jnhc.co.jp/ 公式ブログ https://ameblo.jp/nishikawa-machiko/ ------ <主な著書> 「生命の科学アーユルヴェーダ」農文協、「アーユルヴェーダ入門」地球丸、その他、マイナビ、二見書房、メディカルトリビューン、ビジネス社、大和出版、PHP出版、日経BPより 著書30冊以上

シェアする