睡眠を変えると人生が変わる!

Pocket
LINEで送る

「睡眠」って、とても大事なものですね。

でも、長い間、日本人は「睡眠」に注意を払わずにいました。
医者や医療従事者でさえそうだったのですから、一般の人は、睡眠を犠牲にしての徹夜、残業は当たり前。ダイエットや美容に熱心なのに、平気で夜更かしする人もたくさんいました。おかげで、日本は世界一の短眠国家。

睡眠事情も最悪、その影響が未来を担う子供世代にも及んで・・・。

膨大な経済損失を生み出している短眠国家日本!

そんな国に暮らすあなたの睡眠は大丈夫なのでしょうか?
なんと年間3.5兆円(2013.医療機関の調査)という膨大な睡眠不足による経済損失は改善されず、どんどん増え続けているんです。わかりやすい例では、居眠り運転や作業場の事故などですが、皆さんも日々の生活の中で、寝不足によるパフォーマンスの低下を実感していますよね。

そして行き着いた先は、超過勤務によるうつ病発症、過労死や自殺。危ぶまれる子供の健康、認知症の若年化などなど、問題続出です。

2017年度流行語大賞にノミネートされた!「睡眠負債」という言葉。

この言葉の広がりによって、ようやく日本人が睡眠に気づき始めたようです。会う人がみな、私に睡眠負債について聞いてきます。睡眠は体のためだけでなく、頭脳のためにも重要な要素であることを理解している人も多くなりました。政府が提唱する働き方改革が、睡眠時間を増やす可能性も出てきました。とはいえ、なぜ睡眠が大事なのか、睡眠とはどんな役割を果たしているのかといった知識がある人は、まだまだ少数派。そして、それを実生活で意識し、役立てている人はもっと少数派と言えます。

なぜ、ついつい睡眠を軽んじてしまうのでしょうか?

それは、睡眠が人生の3分の1をも占めていながら、全く記憶のない時間だからです。そればかりか、今夜はこんな感じで眠ってみようとか、夢を見ないでおこうとか、そんなコントロールは絶対にできない領域なのですね。でも、だからといって、このブラックホール的存在を放っておいていいのでしょうか?

答えはNOです。なぜなら、睡眠は生命活動の土台であって、日中のあなたのすべてを左右するものだからです。睡眠を見直せば、日中の活動の質を上げ、人生を変えることができるのです!

なぜなら、睡眠の役割は想像以上に大きいものだからです。

睡眠不足による肌荒れ、クマ、たるみなどは、睡眠による細胞の修復力が足りなかった証拠。でも、それだけでなく、毛髪や姿勢、骨の状態にも睡眠は大きく影響するんです。ですからアンチエイジングを目指すなら、睡眠は第一条件でまた、睡眠は精神状態にとても影響します。
睡眠不足は心を病む原因ともなりますが、よく眠れば、ポジテイブ思考を強め、ちょっとやそっとじゃ落ち込まない強い心を育みます。また知力を高めるのも睡眠の役割です。更にありがたいのは、睡眠の不思議な力です。

それは、創造力を生み出すこと。最近の成功者と呼ばれる人々は、みな睡眠を大事にして、創造力を発揮しているようです。

「そう言われてもねえ、私は結構ちゃんと寝ていますけど・・・」

と腑に落ちない方も多いかもしれません。その理由の第一は、生まれてこの方の自分の睡眠を普通の事だと思っているから。つまり、本当に良い睡眠がもたらす素晴らしさを知らないからです。(ひどいケースはかくれ不眠)
第二の理由は、実際の睡眠と主観的な睡眠は違うということ睡眠の知識を勉強すると、日頃の眠り方のNGの多いことに皆さん、びっくりします。「私は枕に頭を付けたら即眠れるから、睡眠は大丈夫!」と思っている方はいませんか?実は、これが大問題なのですよ。

上質の睡眠を手に入れるために必要なことは何でしょうか?

よくこんな人がいます。

快眠のためと、枕ばかり買い集めている人、睡眠サプリをあれこれ試しまくる人、タップリ眠ればいいだろうと、休日に眠りこける人。でも、そんな小手先の方法では、リバウンドを繰り返すダイエット作戦よろしく、快眠を手に入れることはできません。都市伝説やいいかげんな健康情報に惑わされず、しっかり睡眠のメカニズムを学び、食事・運動・心のケア、そして寝室寝具の改善などを行わなければなりません。

睡眠には、むしろ、起きている時の過ごし方が問題になるのです。

睡眠をケアすることは、眠りを楽しむこと。

何事もどんなにまじめに取り組んでも、楽しくなければ関心を失います。具体的な快眠レシピを学ぶ一方で、眠り方の歴史や各国の睡眠文化を学んだり、面白い眠り小物を集めたり、就寝前に何かオリジナルの儀式をしてみたり。

決まりなんてありません。ただベッドに倒れ伏す前に、眠ることを意識して楽しんでほしいのです。そうすることで、人生の3分の1を豊かに変えていけば、健康で幸せな人生が歩めるはずです。

カラコロを通じて、私が少しでも皆さんのお役に立てれば嬉しく思います。

Pocket
LINEで送る

コラム: 橋爪あき

橋爪あき

一般社団法人 日本眠育普及協会 代表
睡眠改善インストラクター(一般社団法人日本睡眠改善協議会認定)
日本睡眠学会正会員
睡眠健康推進機構登録講師(精神・神経科学財団)
睡眠文化研究者・心理カウンセラー
(国交省大臣認定)健康・睡眠起因事故リスク軽減コンサルテイング睡眠改善コンサルタント(ビオスピクシス社外スタッフとして)
一般社団法人スリープマネジメント協会理事
NPO法人SASネットワーク理事
肥満解決1000人プロジェクト特別顧問
FM西東京ボランテイアスタッフ
慶應義塾大学卒業後、慶應病院医局秘書として勤務の後、結婚。父の死により家業不動産会社の代表取締役に就任。加えて、主婦・2児の母を勤めながら、更に日本語学校講師、NPO法人理事として日本語テキスト出版事業に従事。三足の草鞋ともいえる多忙な日々を過ごすうち、自らの睡眠障害に気づき、睡眠の大切さを実感する。以後、睡眠学を学び、生活改善によって障害を克服したことから、睡眠の広報活動の必要性を感じ、睡眠インストラクターとしての広報活動を開始。2014年、活動の充実をはかるため、「日本眠育普及協会」を設立。
------
一般社団法人 日本眠育普及協会
http://min-iku.com/

橋爪あき お知らせ

人生の3割をしめる睡眠が、残り7割の運命を決める
人生の3割をしめる睡眠が、残り7割の運命を決める