毎日の薄毛予防法

Pocket
LINEで送る

最近は、若い女性の中にも薄毛に悩む人が増えています。
女性の場合、薄毛・抜け毛の原因は主に『女性ホルモン』だと言われています。

例えば20代の場合、過酷なダイエットやストレスが原因で、女性ホルモンが規則的に出なくなる傾向があります。薄毛に悩む人たちは、生理不順だったり、生理の不調を訴える人たちも少なくありません。

また、30代の場合は、過労によるストレスやホルモンバランスの乱れに加えて、活性酸素によるダメージも見逃せません。活性酸素は、紫外線やニコチン・排気ガス等の影響で過剰発生することがわかっていますが、身体を酸化させ「老化」を促進させる有害物質です。
特にトラブルになりやすいのが出産後ともいわれています。出産後に急に髪が薄くなったという方も多いのですが、ホルモンバランスの変化によるものが大きいのです。

40代になるとこれらのことに加え、加齢という課題が出てきます。40代後半には早期閉経になる人も増えていますので、女性ホルモンの分泌そのものがなくなること、新陳代謝が著しく悪くなることが大きな原因にもなります。

食生活や睡眠の質も、毛髪には影響を与えますので、規則正しい生活習慣が年齢が高くなるほどにポイントとなるでしょう。

毎日の洗髪にも薄毛を予防して、美髪を育てるポイントがあります。

①髪を洗う時は「1分以上」濡らすこと。
ロングヘアの場合は2分、ショートヘアの場合は1分が目安。
お湯でしっかり濡らすことで、頭皮を温め、毛穴を開く効果が期待できる。通常の汚れはこれだけでかなりきれいにもなります。
②髪を乾かす時は、ドライヤーの吹き出し口から髪の毛まで「20cm」離すこと。
直接熱風をかけずに、少し離すことで毛根に与えるダメージを軽減し、キューティクルも守ります。

Pocket
LINEで送る

投稿者: 健康ウォッチャーSee

健康ウォッチャーSee

健康オタクのアラフォーSeeko です。自分や家族、歳いった両親、友人の健康まで気になるお節介。健康に関する雑学を書いていきたいと思います♫