足センサーを鍛えて転倒防止

Pocket
LINEで送る

たけしの家庭の医学より
転倒を防ぐ足センサー
テレビ朝日系 10月2日放送

高齢者になると体のバランスが崩れ、ふとしたことで躓きやすくなり、やたらと転倒が多くなります。骨折をすると、家の中にじっとしなくてはならず、また寝たきりになってしまうこともあり、認知症が進んだりと負の連鎖になりがちです。

今注目されているのが、《足センサー》を鍛えて転倒を防ごうというもの。

転倒を防ぐ《足のセンサー》とは、筋肉を構成する筋線維の間にある筋紡錘という組織のこと。
筋紡錘は、筋肉の長さの変化を感知するセンサーの役割を果たしているのです。

何かにつまずいて前に倒れそうになった時には、ふくらはぎの筋肉が瞬間的に引き延ばされます。すると、その筋肉の変化を筋紡錘が捉えて「筋肉が伸びた」「倒れそうだよ」という信号が、神経を通して脊髄に送られます。
その結果「ふくらはぎやスネの筋肉を収縮して」という信号が戻ってきて、筋肉を収縮させるわけなのです。この反応は脳を介さずに、「脊髄反射」で瞬間的に伝わり、転倒を防ぐことにつながっています。

足のセンサーは、加齢と運動不足によって衰えてしまいます。ですので、普段から筋肉を動かして、足センサーを使ってあげることが転倒防止には有効だそうです。
日常生活の中で何気なく行う行動の中にも、神経の機能を若々しく保つために良い動作があります。

意識してそれらを動かして、日ごろから足センサーの機能を磨いておきましょう。お奨めのセンサー磨きです。

〇床のぞうきんがけ
「しゃがんで手を動かす」「しゃがんだまま歩く」といった動きは、普段の生活の中で、最近では特にしないような複雑な動きです。
こういった複雑な動きは、普段使わない複数の筋肉を使うことにつながり、複数の神経を同時に使うことにもなるために、神経の機能によい影響を与えます。

〇手先、足先を動かす
手足の先、末端まで動かす動作はとてもよい動きです。
手首、足首を回したり、指を曲げたり伸ばしたりすることは、神経の機能を維持するにはよい動きです。料理や片付けをすることも、複雑で細やかな動きが必要ですので、日々行うことがよいですね。
時にはテレビを見ながら、手足でグーチョキパーをいたしましょう。

〇立ったままバス移動
空いた席に座ろうと急がないで!
バスや電車など揺れる車内で立っていると、揺れに対してバランスをとろうと全身の神経が働きます。不安定な状況で立つことは、深部知覚や脊髄反射といわれる神経の機能を使うよい機会となるのです。
立ったままでもいられる人は、車内こそよいトレーニングの場と心得て、安全な状態で立ったまま移動をいたしましょう。

足センサーは、ちょっとした日常の活動量で、その鍛え方もずいぶん違ってくるのです。年齢を重ねるほどに、小まめに動いて損はありません。

 

Pocket
LINEで送る

投稿者: 健康情報テレビくん

健康情報テレビくん

人気のTV番組より、ぜひチェックしておきたい健康情報ネタをタイムリーにお知らせ。健康情報はどんどん新しくアップデイトされますから、最新の話題を知っておきたいよね。