痛みの出ないトレーニング その1

Pocket
LINEで送る

インターナショナルリカバリー協会代表理事の伊藤晃一です。

トレーニングを始め、今まで出来なかった事が出来るようになったり、身体の変化が出てくるととても楽しいものです。自分の身体が分かってくると、「おや?腹筋運動をすると首が痛いな」などという発見が出て来ることもあります。健康やボディメイクのためにトレーニングを始めたのに、痛みが出てしまったらモチベーションも下がってしまいますよね。

首の筋肉も体幹の一部ではありますが、まずは痛みが何によるものなのか、原因を解明することが大切です。ストレッチをしたり病院に行くなど、根本的な原因を探し、改善を図ってみてください。

特に問題はない、どんどんトレーニングがしたい!という方、もちろん痛みが出ないようにトレーニングを行うことは大切ですが、時には思い切ってメニューを変えてしまうのはいかがでしょうか?

今回は首に負担のかからない体幹トレーニングを紹介させていただきます。

トレーニング中、首が痛いと感じられる代表的な腹筋運動
筆者がよく首が痛い腹筋運動の種目として相談を受けるのは、クランチやシットアップと呼ばれる、床から上半身を起こす腹筋運動です。

勿論これらの運動は、腹筋に意識を向けながら状態を起こす事が重要ですが、腹筋の力が弱い方や、身体がかたい方は、つい首回りに力が入りがちになってしまいます。

改善するためには、首回りや、体幹のストレッチ、また腹筋運動そのものを時間をかけて何度も練習していくことが重要です。

 

フロントブリッジ
どうしても上半身を起こす動作で首の力を抜くことが出来ないという方、こちらのフロントブリッジはいかがでしょうか。

フロントブリッジとは、体幹トレーニングの中でも代表的な種目のひとつであり、身体を一直線の状態で維持することで、体幹全体の引き締めを期待することができます。また腹筋群の深部に対して効果が高いため、姿勢の維持や、ペタンコお腹を作るための身体作りに向いています。

【フロントブリッジのやり方】

・まず、肘の関節が、肩関節の真下に来るように設置してください。
・両腕の幅は、肩幅程度に開きましょう。
・両手の拳の位置は、出来れば平行に開いたまま行います。
・足幅を腰幅程度に開き、膝を伸ばして身体を浮かせます。

・お腹を凹ますように力を入れ、最初は30秒を目指しましょう。
・呼吸を止めずに、自然に行いながら動作を続けます。

もしきついようであれば、膝をついても構いません。慣れないうちは、肩周りにも負荷を感じられるかもしれません。くじけずに挑戦する事が大切です。

もし可能であれば、時間を少しずつ伸ばし、どんどん延長させてみてください。

Pocket
LINEで送る

コラム: 伊藤晃一

伊藤晃一

一般社団法人インターナショナルリカバリー協会代表
                              
 《経歴》
2001年 パーソナルトレーナーデビュー
    Body Engineer認定パーソナルトレーナー資格取得
2008年 KAATSU JAPAN株式会社認定加圧トレーニング取得
2009年 ニューヨークにてパーソナルトレーナーとして活動
2011年 BESJ認定マスターストレッチ、マットピラティス取得
2012年 株式会社ワン設立 スタジオCarpeDiem(三軒茶屋)オープン
    O脚矯正資格取得
2014年 スタジオONE(千葉)オープン、
    杏林予防医学研究所アカデミー中級講座修了
2015年 ウミヨガインストラクター養成講座修了
    日本ファスティングコンシェルジュ協会認定シニアファスティング  
    コンシェルジュ(SFC)取得
2016年 ミスター・ベストボディ・スーパーモデル2016選出
    東京山王ロータリークラブにて講演
2017年 『がん治療』新時代!もう一つの選択肢 『運動』 をあなたへ!
    福岡、三重、長野、愛知、茨城にて講演。
2018年 ベスト・ボディジャパン京都大会ファイナリスト
    MDRTソニー会「プロとしての身体づくり」宮崎にて講演
    平塚湘南ロータリークラブにて講演
------

アメブロ
https://ameblo.jp/ito-koichi/

伊藤晃一 お知らせ