塩で決まる!一週間減塩法

Pocket
LINEで送る

脂肪と糖だけを減らしてもダメ!
塩分を減らす事が重
『一週間減塩法』

先進国で食塩摂取が一番多い日本。お味噌やお醤油など、日本の伝統調味料は体に良い半面、美味しいからついつい手軽に使い過ぎてしまい、塩分の摂り過ぎにつながってしまうようです。

塩分を摂りすぎると、むくむだけではなく、高血圧になり、それが脳卒中や心筋梗塞の原因にもなりますし、痛風、腎臓病など様々な病気の原因になります。

健康のためには、脂肪と糖だけを減らしてもダメ!塩分を減らす事が重要!そこで、今回は『一週間減塩法』についてレポートしました。


名医のTHE太鼓判!

『【塩分を減らす!が重要】★隠れ塩とは?』
TBS 2018年6月18日放送

私事ですが、お酒のお共に塩気の多いおつまみ美味しいですね!
ついつい酒量もすすんでしまいますが、翌朝、『夕べはお酒飲みました!』って顔に書いてある位わかりやすくむくんでしまうのです(笑)

塩分をたくさん摂ると何故むくむのでしょう?

それは、塩分を摂りすぎると、塩分は水分を引っ張り込む性質があるため、細胞と細胞の間の水分量が増え、むくんでしまうという事なのだそうです。

さらに、血管の中の水分も増えて血圧も上がってしまいます。塩が水を引っ張り込むという性質が起こす悪影響が様々な病気の原因になってしまうのです。

厚生労働症が設定する1日の塩分摂取量は、男性8g未満、女性7g未満

ところが、日本人の平均塩分摂取量は、男性10.8g、女性9.2g。世界的にみても塩分摂取量が多いのです。例えば、お味噌汁の場合、1杯あたり1.2gの塩分が含まれています。この慣れ親しんだ味付けを変える事は容易ではありませんが、いつまでも健康でいるためには日頃から『塩分を減らす』事が大切です。

名医直伝“1週間減塩法”のやり方

濃い味に慣れていると味覚的に物足りなさを感じますが『1週間減塩法』は濃い味になじんだ味覚を戻し、ストレスなく減塩出来、健康な食生活にもどす事が出来ます。

【極意その1 かけ事禁止!?】
醤油・ソース・ドレッシング等、かけるのは禁止です。
醤油100g       塩分14.5g
中濃ソース100g    塩分5.8g
和風ドレッシング100g 塩分4.7g

知らずにタップリかけていましたが
こんなに塩分が含まれている事を私はこれまで気にしていませんでした。どうしても醤油をかけたい時は、『醤油スプレー』を使って下さい。一般的な諸油さしは1回で約3gも出ますが、醤油スプレーを使えばワンプッシュ0.1gなのでこれなら減塩できますね。

番組では、モト冬樹ご夫妻がこの方法を1週間実践しました。
その結果、モト冬樹さんの1日当たりの塩分摂取量

7.26g→5.1g

奥様の1日当たりの塩分摂取量

3.20g→2.21g

見事お二人とも減らす事が出来ました。

番組ではお二人の『1週間減塩法』実践の様子を紹介いたしました。

・お味噌汁は減塩味噌を使い、昆布とかつお節で出汁を取り、自然の旨味を味わっていました。粉末の出汁のもとなどは塩分も含まれているのでNG。
・ソースは揚げ物にかけずに、お皿に出したソースに揚げ物をつけて食べると減塩できます。
・干物の味は塩分が多いのでやめて、生の魚をグリルで焼き、レモンをかけてみましたが、少し物足りなさを感じたため、醤油スプレーをワンプッシュ!お醤油の風味が感じられ、おいしそうに召し上がっていました。

お醤油の風味があるだけで味覚的満足感があるようです。

お二人は1週間で味覚がリセットされたため、実践直後に普通のお味噌汁を飲んでみると、『しょっぱく感じた』とおっしゃっていました。

【極意その2 スパイスケース】
いろいろなスパイスをケースに入れて持ち歩きます。これは、スパイスの刺激で塩分が無くても美味しく食べられるようになるというわけです。Myスパイスケースを持ち歩いて減塩を実践したのはタレントのアントニーさん。実践前、1日当たりの塩分摂取量9.32gと高めの数値は要注意です。

山椒
バジル
胡椒
カレー粉
かつお節の粉
一味唐辛子
ごま油
ラー油

すりおろしニンニク
マスタード

などを小さな小分けボトルに入れ、これらのスパイスをケースにまとめて入れ、外出時にも持ち歩きしていました。ちなみに持ち運び用のケースは市販されているそうです。

アントニーさんがえらんだスパイス

中華弁当には「酢+胡椒」
餃子に「酢+胡椒」は絶品!
バーベキューのお肉には「かつお節の粉」
たまごかけご飯には「ごま油+胡椒+一味唐辛子+ラー油」
偶然にも発見した『減塩たまごかけご飯』美味しい!
焼肉のお肉はレモン汁タップリ!

アントニーさんはスパイスケースの中のスパイスをいろいろ試し、味を楽しみながらの減塩。番組内でアントニーさんの1日当たりの塩分摂取量の改善後数値の発表はありませんでしたが、楽しみながら美味しく減塩できるのは良いですね。

今回は名医が教える減塩法についてご紹介いたしました。
いつまでも健康でいられるために、無理なくできる事から試してみませんか。

Pocket
LINEで送る

投稿者: 生活改善アドバイザーTOSHI

生活改善アドバイザーTOSHI

こんにちは!生活改善アドバイザーのTOSHIです。人気の健康番組から新しい健康情報や、心の健康にも直結するお掃除ネタ、体をリセットするお料理ネタなどあなたの生活改善にちょっぴり役立つ話題をお届けします。