台所とお勝手の違いつてな~に!?

Pocket
LINEで送る

家族の命を育み守る家庭のキッチン。台所は、お勝手、とも呼ばれていますよね。
この違いとは?

考えたこともありませんでしたが、番組で興味深いレポートがありましたので、豆知識としてご紹介しましょう。


TBS この差って何ですか?
台所とお勝手の差とは!?

時は室町時代にさかのぼります。
料理をして盛り付ける場所のことを、当時の貴族たちは「台所」と呼び、使用人の女性たちは「お勝手」と呼んだそうです。

〇「台所」の誕生
最初に名称として誕生したのは「台所」。
「台所」と言う言葉が生まれるきっかけになったのは、平安時代の貴族の屋敷にあったある場所。
平安時代の屋敷では、調理をする場所は「厨(くりや)」と呼ばれていました。
日本では奈良時代ごろから、火を使って調理する場所のことを「くりや」と呼んでいたのです。そして、中国から調理をする意味の「厨」という漢字が入ってきた時に、「くりや」にこの漢字を当てました。

平安時代は料理をする場所と盛り付けをする場所が分かれており、盛り付けをする場所を「台盤所(だいばんどころ)」と呼んでいました。
その後、次第に「台盤所」を略して、「台所」と呼ぶようになったそうです。
つまり、もともと「台所」とは、料理を盛り付ける場所のことだったのです。

そして、「台所」で料理の盛り付けを仕切る、屋敷の主人の妻のことを「台所を取り仕切る人」ということで、丁寧な意味になる「御」をつけて「御台所(みだいどころ)」と呼ぶようになりました。
室町時代になると、料理をつくる「厨」から料理を盛り付ける「台所」まで料理を運ぶ手間を省くために、料理を作る「厨」と盛り付ける「台所」が同じ建物の中に作られるようになり、この場所全体を「台所」と呼ぶようになったそうです。

 

〇「お勝手」の誕生
「お勝手」という言葉は、「台所」という呼び方が生まれた少し後に誕生しました。
この時代になると、台所を取り仕切るのは、主人の妻である「御台所」から「使用人」になっていきました。
室町時代になると男性の権力がより強くなり、男社会が色濃くなり、使用人の女性は屋敷の中を勝手に歩き回ったり、おしゃべりしたり、自由にできない風潮になっていったのです。
しかし、「台所」だけは、使用人の女性たちが食事をしたり談笑したり、男性の目を気にせずに自由に過ごせる唯一の場所だったのです。

つまり、「台所」だけが使用人女性たちにとってただひとつの勝手のきく場所だったので、丁寧語の「お」を付けて「お勝手」と呼ぶようになったのがいわれだそうです。
今でも台所にある小さな出入り口のことを「勝手口」と呼びますが、昔も台所に出入り口があり、使用人の女性たちが勝手に外に行き来できる出入口だったので「勝手口」と呼ぶようになったそうです。

お勝手というと、なんとなく割烹着のイメージが似合うように感じるのもそんなことからでしょうか。

今日もたくさんのお勝手から、温かな湯気がのぼっていますように。

 

Pocket
LINEで送る

投稿者: Foodwriter

Foodwriter

雑誌、ネットなどで活躍するフードライターです。今まで培った知識の中から旬に食していただきたい食の豆知識、ちょっとした調味料の使い方、食べ合わせ、工夫次第で薬になる食べ物のことなどをお届けします。