真夏のセックスはNG ?!

Pocket
LINEで送る

今年は梅雨があっという間に終わり、いやいや梅雨なんてあったっけ?
そもそも春が来たかと思う間もなく、入梅となり、それも名ばかりのおさわりレベルで、真夏日がドカーンとやってきたように思えます。
そのような中、体調不良を訴える方々がとても多く見受けられます。

我が国は、一年を通しての寒暖差が著しく大きく、季節の変化に伴う体調不良は昔から聞かれました。

けれど振り返りますと、

・ 迎える春~送る春 ~
・ 迎える夏~送る夏 ~
・ 迎える秋~送る秋 ~
・ 迎える冬~送る冬 ~

このように分けられる8つのシーズンがあったように思います。

 

春夏秋冬の流れの中にも、来るべき次のシーズンに向けて、整え準備する時間が与えられておりました。
ですからその分だけ、健康管理も楽だったように思うのです。

近年の気象状況は、何事においても冒頭に「異常」と言う言葉が鎮座します。
それほど環境は、厳しく変化をしている訳です。
このことは、妊活をしている方々にとっても重要なことで、どのようにこの季節を乗り切るか、元気で過ごせるか、ということが課題のひとつとなります。

Yogaの学びには、夫婦の営みについての教えもあるのですが、アーユルヴェーダというインド医学においても、真夏の厳しい自然環境の中では、出来るだけセックスの回数を少なくする。と、説かれています。

(参考までに)
経典には、回数も書かれているのですが

・ 過ごしやすい季節には毎日でも。
・ 真夏には週に1回程度。
昨今の妊活事情は、通常が真夏日にも劣る回数なので、これはもうスルーするしかありません。

つまり私たちは、暑い時にはエネルギー消費量が増え、自らの健康体を守るだけでも一仕事になります。
それ故に元気に夏を過ごすには、セックスのように消費エネルギーが大きい行為は、慎んだほうが良いとされているのです。

とはいえ、消極的な夏の過ごし方をされるのは、少々もったいない気がします。
夏は自然界のエネルギーも高く、私たちの心身もそれに呼応するように出来ています。

さて、ではこの夏をいかがいたしましょうか!?

(次回に続く)

Pocket
LINEで送る

コラム: 木下由梨

木下由梨

一般社団法人ウミ 理事

妊娠希望の女性が全員妊娠したという導歴を持つ。その噂を聞き、大阪在住の由梨先生のもとへ東京からも通い出す女性が続出しだし「ウミヨガ」として東京スクールが開講。45年間で15,000人以上の体質改善を行ってきたヨガマイスター。東洋医学のすべてを学びライセンスを持つ由梨先生が、授かりやすい心身へ改善するために「ヨガ、整体、ピラティス、食育、薬膳、アーユルヴェーダ、心理学、NLP」などから必要要素を組み込んだオリジナルのプログラムを開発。夫婦への不妊治療との向き合い方や性生活の指導、女性力をあげる「膣呼吸」など、笑いと涙いっぱいのユニークなレッスンが大人気で東京と大阪のスクールは常に満席状態。婦人科のドクターが奇跡の実績と称すくらいの多くの「ウミヨガベイビー」が誕生している。「レタスクラブ」「赤ちゃんが欲しい」「CLASSY」他、メディアにも多数登場。「妊娠力を上げる!ウミヨガ」(主婦の友社)はアマゾン不妊部門ベストセラー。
------
一般社団法人ウミ
http://umiyoga.com/
ウミヨガ ブログ
https://ameblo.jp/umiyoga/

ウミヨガ通販サイト
http://umiyoga.com/?page_id=3242

セミナーページリンク
http://umiyoga.com/?p=2395

木下由梨 お知らせ


DVDつき 妊娠力を上げる! ウミヨガ―赤ちゃんが授かりやすくなる奇跡のメソッド
[楽天ブックス][Amazon]