えっ?お酒のせいじゃないの!?

Pocket
LINEで送る

夏は冷たいビールなどについつい手が延びがち。おのずと酒量も増えてしまいます。
人間ドックでひっかからないかと気にしながらもやめられない。

ところで、知っていますか?
肝臓がんの8割は、アルコールが原因ではなくてB型、C型の肝炎ウイルスが原因なのです!

ということは、肝臓がんを心配するうえで、B型、C型の肝炎ウイルスに感染していないかをチェックしておくことはとても大切です。


がんは早期発見が、早期完治につながる病気と言われています。
胃カメラなどの内視鏡検査は、がんを早期発見するためのものですが、「がんにならないための検査」と言われているのが、B型・C型肝炎のウイルスの検査です。
B型・C型肝炎は、ほおっておくと、肝炎→肝硬変→肝臓がんへと進むリスクが高いものです。がんになる前に発見して治療してしまえば、がんにならずにすむというもの。まさに、がんにならないための検査、ですね。

血液検査だけですむ、基本的には無料でできる検査ですが、成人の半分の人が未検査の状態だそうです。
以前は、予防接種などの注射器は使いまわしでしたから、肝炎ウィルスのリスクがあるのです。
肝臓がんの8割が肝炎ウィルスが原因なのですから、もし検査を受けていなければ、リスクをずっと自らが放置していることにもなるのです。
特にC型肝炎ウイルスに感染している場合、慢性肝炎になったまま治療せずに30年放置していると、そのうちの約25%の人が肝臓がんになると言われています。
肝炎ウイルスは薬での治療が可能なので、早く感染を見つけて治療してしまうことが重要です。

肝炎ウィルスは、予防接種の注射器の使い回しだけでなく、出産時の母子感染、カミソリの共用などで感染が広がったといわれています。
注射器の使い回しは、1988年1月に当時の厚生省が禁止を出すまで行われていた可能性があります。
そのため、30歳以上の日本人およそ9000万人は注射器の使い回しによる感染が否定できません。
またピアスに使用された道具や、床屋のカミソリの共用などによる感染の可能性を考えると、20歳以上の人は一生に1回は検査することが勧められています。

全国の保健所で基本は無料で検査ができますので、まだ検査をしていない人は必ず受けておきましょう。
若い人でも該当しますから、これから結婚や出産を考えている人たちはマストです。

検査を無料で受けられるところは、各市町村で異なりますのでお住いの役所等にお問い合わせくださいね。

 

Pocket
LINEで送る

投稿者: Caracoro editer

Caracoro editer

カラコロエディターのぴょんです。体と心を健康にするための豆知識をミニコラムとしてお届けしています。皆さんの興味のある話題や取り上げてほしいテーマがあればぜひ教えてくださいね。