インフルエンザに葱が効く!

Pocket
LINEで送る

だんだん寒くなりだすと、インフルエンザが猛威をふるうようになります。

今年はそうなる前から、風邪やインフルエンザにも予防効果がある葱を用いて早目のケアをしておきませんか。

のどや咳の風邪になると、昔から葱をまくとよいと言われていますよね。
あれは、本当に効果があるんですって!

昔から風邪に効くと言われてきた葱ですが、風邪だけでなく、インフルエンザや肺炎、がんの予防にまで効果が期待できるという健康成分が注目されています。

それは、ネギの青い部分に含まれる「ヌル」と呼ばれる粘液にあります。実はここ、葱好きならご存知ですが、ほのかに甘くておいしいんです。
食べずに捨ててしまってはもったいないですよね。

また、葱の独特の香にも、病気を寄せ付けないパワーがあるそうなのです。

2003年、中国を発端に猛威をふるった新型肺炎『SARS』、その被害をほとんど受けなかった町が、中国有数の葱の産地・山東省章丘なのだとか。
人口100万ほどの地方都市。
街の人たちはみなさん「ネギを生かじり」するのが大好きなのだそうです。

葱は切ると細胞が壊れ、香り成分『アリシン』が発生します。
この独特な刺激のある香りには、血管拡張・血流アップの効果があり、抵抗力も高めてくれるといわれています。
先ほどの章丘の人たちは丸かじりすることで、口の中にたくさんのアリシンを発生させ、それを逃すことなく体に取り込んでいる状態になるのだとか。
こうして日ごろから抵抗力を高めていたことが、SARS撃退につながった可能性があります。

香り成分アリシンの血流UP効果を高めるには生であることが重要です。

 

実は、ねぎを加熱するとアリシンは生まれないんです。
また、アリシンをたくさん生み出すためには、「たくさん刻むこと」も重要。
納豆などの薬味に細かく切って入れるのはとてもよい方法です。
意識してしっかり咀嚼するのもよいですね。

「風邪をひいたらネギの首巻き」、実はこれも「アリシン」による血流促進効果だと考えられています。

風邪予防にオススメの首巻きの作り方はこちら。
1. 生の白ネギに切り込みを入れていく。
たくさん切れば、『アリシン』もより多く生まれます。

2. 手ぬぐいやタオルで包み、首に巻けば完成。
汁で肌がかぶれないようにしっかりと包んで下さい。
香りが強い場合は、ネギの表面をちょっと加熱すれば和らげることも出来ます。
お好みで調整してくださいね。

体の「免疫力」を直接上げてくれる新たな健康物質、葱の青い部分に含まれる粘液、通称「ヌル」と呼ばれる部分です。このヌルを摂取すると、免疫系が活性化し、がん予防まで期待できる可能性があるそうです。
ヌルは青ネギはもちろんのこと、一見入っていないようにみえる白ネギの青い部分にも含まれています。
つまり、青い部分を丸ごと食べれば免疫力がアップ。
その効果は、加熱しても冷凍しても失われませんので、様々な調理法でこれからの季節、美味しく試してくださいね。

 

Pocket
LINEで送る

投稿者: Foodwriter

Foodwriter

雑誌、ネットなどで活躍するフードライターです。今まで培った知識の中から旬に食していただきたい食の豆知識、ちょっとした調味料の使い方、食べ合わせ、工夫次第で薬になる食べ物のことなどをお届けします。