食品庫もダニ注意報!

Pocket
LINEで送る

9月から10月は、アレルギー性のぜん息や鼻炎になる人が多くいるそうです。
その大きな原因は、家の中にいる「チリダニ」。
日本環境衛生センターの調査によると、1年でもっとも「チリダニ」やその死骸やフンが多くなるのは9月〜10月なのだそうです。
けれど、正しく掃除をしないと、かえってチリダニの死骸やフンをまき散らしてしまう結果にも。さっそく番組での教えをもとに、部屋をクリーンにしたいですね。

先回の布団対策に続いてお届けします。


9月18日放送

TBS この差って何ですか?
ダニ退治できる掃除方法」と「ダニ退治できない掃除方法」の差

〇カーペットの掃除はどうするの?
カーペットは、布団(寝室)についで、家の中で2番目にダニが多い場所。
なんとなく想像つきますよね。
ダニがカーペットの毛足の奥深くに潜りやすいために、カーペットの深い所を狙って掃除機をかけることが重要だそうです。

掃除機をかけるときに効率よくダニを吸い出せる時間帯は、なんと「夜」。
番組では、ダニがたくさんついた紙の一部に光を当てて、ダニがどのように動くのか実験した。すると、1時間後にはほとんどのダニが暗い部分に移動してしまいました。さらに、光の当たらない紙の裏側には大量のダニがびっしり集まっていました。
つまり、ダニは明るい所を避けて暗い所に潜る習性があるのです。そのため、暗くすると、ダニがカーペットの表面に出やすいので、「夜」の暗い時に掃除機をかけるとダニを効率よく撃退できるのです。

マンションなどで夜に掃除機をかけられない場合は、カーテンを閉めて電気を消し、部屋を暗くして1〜2時間たってから掃除機をかけると、より多くのダニを吸い取ることができるのだとか。
その時には、光が入らないカーペットの裏側も忘れずに掃除機をかけましょう。

 

〇ダニが繁殖しやすい食材は何でしょう?

「お米」、「砂糖」、「茶葉」、「ミックス粉」など、キッチンの中にある食品でダニが増えやすいものは、例えば お好み焼き粉やホットケーキミックスなどの「ミックス小粉」です。

番組では、「お米」、「砂糖」、「茶葉」、「ミックス粉」がそれぞれ入った試験官にダニを100匹入れ、2週間で、どにように増えるか実験を行いました。
2週間後、「お米」のダニは116匹に、「砂糖」は10匹から増えずそのほとんどが死滅、「茶葉」も100匹から増えずほとんどが死滅していました。
しかし「ミックス粉」の中に入っていたダニは364匹、約4倍にまで増えていたのです!

その理由は「ミックス粉」には、ダニのエサとなる旨味成分が豊富に含まれているからです。
もちろん、加熱をすればダニは死にますが、ダニの死骸が残ったまま。人によっては大量のダニの死骸やフンを摂取することで、アナフィラキシーショックになることもあるので、これらの粉類が衛生的に扱われているか注意が必要です。

「ミックス粉」にダニが繁殖しないようにするには、「冷蔵庫」で保存することです。ダニは10℃以下では繁殖できないため、「冷蔵庫」に入れておけば大丈夫。

あー、よかった。ほっとしますね。

ダニ退治には50度以上の高温と、10度以下の冷蔵がポイントですね。覚えておきましょう!

Pocket
LINEで送る

投稿者: 健康ウォッチャーSee

健康ウォッチャーSee

健康オタクのアラフォーSeeko です。自分や家族、歳いった両親、友人の健康まで気になるお節介。健康に関する雑学を書いていきたいと思います♫