地球に刻まれた大切なもの

Pocket
LINEで送る

地震列島日本に起きる大きな地震は、その頻度をあげているように感じます。
甚大な被害を出した東日本大震災のその後も、日本のあちこちで震度5~6を超える地震がたびたび起こり、活断層の活発化が専門家の間では論じられています。
ゲリラ豪雨や竜巻など、今まであまり経験のなかった自然災害も、今ではあたりまえのように列島を襲います。
四季豊かな、それゆえの季節の厳しさも恵のひとつとして生活の工夫を重ねてきた日本人の生活様式も変化を余儀なくされています。こうした自然現象や自然災害の規模拡大は、けして日本だけのことではなく世界のあちこちで起きています。

地球がミシミシと軋みを起こしはじめている事実を、地球人である私たちはしっかりと受け止めなくてはなりません。

こうした時代に備えていくのは、防災グッズだけでは事足りません。
仮にどれほど整備をしておいたとしても、何かが起きた時、すぐにそれを手に取れるという保証もないからです。

では、何を備えておくのでしょう?

その答えは自分自身です。
そう、少しのことでは動じないメンタルの強さや、日常と違う生活を強いられてもへこたれないタフさ。免疫力の強さや身体能力が あなたを守ります。
自分自身の心身を意識して強くしておくことは、たとえ災害の渦中にあったとしても、逞しく元気に生きぬいていける底力そのものになります。どんな防災グッズも、これをなくしては役に立ちません。
誰かを助けたくても自分自身がしっかりとその足で立っていられなくては、それもかないません。自発的行動が起こせるかどうかも、そのあとの人生に大きな影響を与えます。

そう。けして災害対策だけではなく、今度の医療施設や医療費の問題、長寿化時代において、生涯健康であり続けることは人として生ききるために重要な課題です。
一生涯自分の足で歩けるように、一生涯自分で咀嚼して食べられるように、自立して自活することとは、そういうことであるのだと思い知らされます。

みどりむし59フコイダン。
ちょっと不思議な長い名前のサプリメントですが、現代人の私たちに必要なものが、すべてぎゅっと凝縮されているそうです。
みどりむし そして フコイダン。このふたつの生物、そして素材が面白いと思い調べていくうちに、いまや癌と隣り合わせの現代人の必需品ではないかと思わされました。
何億年もの時代から、地球(ここ)に存在していた微生物が、いま未来へのカギを握っているように思えてなりません。巨大か極小のものだけが生き抜いていた太古の時代へと、ワープしながらそのヒストリーを辿ってみましょう!

それは、地球に刻まれている大切なものを探す旅でもあるのです。

(次回へ続く)

みどりむし59フコイダン公式サイト

 

Pocket
LINEで送る

投稿者: みどりむしごくう

みどりむしごくう

みどりむし59フコイダン。ちょっとふしぎなながい名前。災害、病気、高齢化、サバイバル時代にもしあわせに生き一生涯自活して生活ができるよう、タフで健全な心身をつくるお手伝いをしています。
http://bio-rescue.jp