冷凍で美味しい便利、さつまいも

Pocket
LINEで送る

秋になると恋しくなるのが「さつまいも」。
一口に言ってもいま、様々な品種が開発、販売されているのです。
焼き芋に代表されるように、さつまいもといえば「ホクホク」した食感をイメージしますよね。

ところが、最近では、濃厚で「ねっとり」した食感の品種が増えていて、人気を2分しているようです。


ねっとりしたさつまいもの大きな特徴は、「冷めてもかたくならない」ことです。
焼き芋は冷めるとぱさっとしてしまい甘みも感じにくくなります。
けれど、ねっとりのタイプだと、
冷めてしまっても、スイーツのよう甘いさつまいもが食べられるのです。

ねっとりタイプのさつまいもは、焼き芋状にした後、冷ましてから冷凍庫で一晩凍らせれば、冷凍さつまいものできあがりです。
食べる時には、常温で1時間ほど置いて解凍し、皮をむいて中身をスプーンでつぶせば、便利なさつまいもペーストに変身します。そのまま使うだけで、さまざまな料理にアレンジできます。

クラッカーにのせ、胡椒を振りかければ立派なオードブルに、クリームチーズをあわせても相性抜群。スイーツだけでなく、お食事系にもさっと使え、とても便利なんですよ。

 

さて、どんな種類があるの~、というわかりやすい図を、NHKガッテンで紹介していましたのでお借りいたします。


※ガッテンHPよりお借りしました。

 

さつまいものビタミンCは、熱を加えても壊れにくいものです。これからの季節、風邪の予防にもよい食品ですね。
抗酸化作用効果のビタミンEも含まれていますから美容食ともいえるのです。

さつまいもを美味しく便利に活用して、お肌もきれいに、健康維持にも役立ててくださいね。

Pocket
LINEで送る

投稿者: Foodwriter

Foodwriter

雑誌、ネットなどで活躍するフードライターです。今まで培った知識の中から旬に食していただきたい食の豆知識、ちょっとした調味料の使い方、食べ合わせ、工夫次第で薬になる食べ物のことなどをお届けします。