カフェごはんみたい!もち麦ダイエット

Pocket
LINEで送る

もち麦には商品名として「もちもち麦」とか「もっちり麦」とかというものがありますが、原料の記載個所をしっかり見て「もち麦」「大麦(もち麦)」と表記されているものは、正真正銘の「もち麦」です。

それでは、もち麦ごはんをつくりましょう。

オススメは、白米2:もち麦1のバランス。
最初は、白米に対して2割程度のもち麦から試して、もち麦の割合を増やしていくのが無理がありません。
白米の5割がもち麦という炊き方が効率よくもち麦パワーを取り入れることができるようです。
例えば、白米1合にもち麦1/2合を加えると、炊き上がりは約500gになります。お茶碗1杯を1日2回食べれば、食物繊維の一日必要量に達すると覚えてください。

もち麦は基本は洗う必要がありませんが、その種類などでは必要のものもあるようですので、袋に記載されている炊き方を確認してみてくださいね。

洗って水を入れておいた白米の中に、もち麦を加えます。
白米は、いつもご飯を炊くときと同じ量でOKです。ただし、加えたもち麦と同量のお水を加えてください。つまり、いつもの白米の分量に、もち麦と水をさらに加えることになります。もち麦ごはんは炊く前に、30分程度そのままにしておく(水に透けておく)ともち麦が柔らかくなり美味しく仕上がります。

炊き上がりを召し上がれ。プチプチとした食感、もちもちとした噛み応えでとっても美味しい!

また、もち麦は、発酵食品やタンパク質と合わせるとその効果がさらに強まるそう。朝食に、もち麦ごはんと納豆や卵、味噌汁という組み合わせは、黄金のメニューです。軽い糖質制限をしていたり、夜は炭水化物を減らしたい、という時なども、もち麦ごはんなら安心です。

少量でも、もち麦が膨らんで食べ応えがありますから満足感が高いうえ、その成分は食物繊維です。しかも糖質ブロック機能付き。遅い食事になりがちなパパのごはんにも、うってつけです。

多めに炊いて、1人前ずつ小分けにして、冷凍しておくと便利です。電子レンジで簡単に炊きたてごはんになります。カレーを添えたりや焼飯にしてカフェごはん風にすると休日のブランチにぴったりですね。

 

また、ぜひ試してほしいのが、ゆでもち麦。もち麦をそのままゆでただけですが、それを、サラダやスープに混ぜれば、こちらもカフェごはんのできあがり。

もち麦とその10倍の水を用意します。
例えば、もち麦1/2カップなら水はその10倍の1ℓ。
1ℓの水を沸騰させて、もち麦を入れて、中火で約20分ゆでるだけ。ざるにあげて軽く水洗いをしたら出来上がりです。これをそのまま野菜サラダに加えると、プチプチとした食感が加わってとてもお洒落なご馳走サラダになります。ジャーに入れてお弁当にするのもよいですね。

また、冷凍保存用の袋へいれて平らにのばして凍らせておけば、使いたい分だけを割って使えます。スープの具材に入れれば、満足感の高い食べるスープのできあがりです。

まったくご飯っぽくはないので、いろいろな具材として使えますよ。
ちなみに、麻婆豆腐に入れてもオツでした。いつもなら、ごはんが欲しくなるところですが、ハト麦のプチっと感が
際立って、噛み応えと満腹感があり、ワンプレートでお腹がいっぱいになります。
深夜ごはん族には本当に心強い食材です。

も十分満腹になったので、食欲は満たされるけど体重は増えるということはなくて助かっています!

ゆでもち麦を食べる場合、1食につき大さじ4~5杯を目安にするといいそうです。
ゆでもち麦だけで約2g程度の食物繊維をとることができます。

皆さんのアイディアで、もち麦活用術、美味しく楽しみながら増やしていってくださいね。

 

 

 

Pocket
LINEで送る

投稿者: Foodwriter

Foodwriter

雑誌、ネットなどで活躍するフードライターです。今まで培った知識の中から旬に食していただきたい食の豆知識、ちょっとした調味料の使い方、食べ合わせ、工夫次第で薬になる食べ物のことなどをお届けします。