朗報!便秘解消法大公開!!

Pocket
LINEで送る

朗報!便秘解消法大公開!!
「お通じが良い人」と「お通じが悪い人」の差

厚生労働省の調査によると、お通じが悪い女性は年齢とともに増加傾向にあり、特に60代以上の女性は6人に1人の割合で便秘に悩んでいるようす。街の女性に聞いたところ、「体がだるくなる」「便秘がひどいと憂鬱になる」「おなかが張っていくのが気持ち悪い」と、便秘がストレスの大きな原因になっている人も多くいました。

お通じが悪い状態が長く続くと、腸に溜まった便が腐り、便から出る有害な物質が全身に広がり、肌荒れ、むくみなどを引き起こしてしまうのです。

更に、腐った便が大腸を塞いでしまうと最悪の場合、大腸が破裂してしまう事も!

便秘の原因として

・加齢で腸の筋肉の衰え
・ストレスによって腸が正常に働かない

などがあるそうです。

今回ご紹介する番組は、
TBS 2018年7月17日放送
この差って何ですか?
「お通じが良い人」と「お通じが悪い人」の差

必見!便秘は意外な方法で改善できるのです!!

●腸の「ぜんどう運動」と「大ぜん動」
腸の動きには「ぜんどう運動」と「大ぜん動」があり、東邦大学医療センター大森病院の渡邉利泰先生によると、お通じが悪い人の腸は「ぜんどう運動」のみが起きているそうです。

「ぜんどう運動」とは、ゆっくりと腸が伸びたり縮んだりする運動で、起きている時も寝ている時も起こっていますが、便を運ぶスピードが遅いため「ぜんどう運動」だけでは便秘になる場合も多いのです。

一方、お通じのよい人の腸は「大ぜん動」が起きています。1日に数回しか起こりませんが、ダイナミックな動きで便を外に押し出します。「ぜんどう運動」に比べると、便を押し出す速さはなんと200倍!番組の映像で見ても便を押し出すパワーにあふれています(笑)

●腸に「大ぜん動」を起こすには…?
「大ぜん動」を起こして、腸がパワフルに便を押し出してくれれば便秘解消となる訳ですね!
お通じに悩む女性7人に、大ぜん動を起こすたった1つの条件を1週間行ってもらうと、7人中6人がお通じに改善が見られました。

気になる、大ぜん動を起こすたった一つの条件とは何でしょうか?
「食事と食事の間は8時間何も食べない」というたった1つの条件をクリアすればOKです。
8時間空ければ胃と小腸が空になり、「大ぜん動」がスタートするのです。

起きている間に実行するのは厳しいですが、眠っている間なら比較的簡単にできてしまいますね。
夕飯を食べ終わったら次の日の朝食まで、水分以外は我慢という訳です。

●渡邉先生推奨 食事の間を8時間空ける便秘改善スケジュール

🔶8時までに夕食を済ませる
🔶 11時に就寝する

夕食から睡眠まで3時間あけることで食べ物が消化され、リラックスした状態になり、しっかり睡眠がとれる。
午前4時には「大ぜん動」がスタートしはじめますので、朝起きたらコップ1杯の水を飲んで胃を刺し、腸の動きを活発化させ「排便」へ!

このスケジュールを試した女性たちの嬉しそうな顔!
「スッキリ!」って、口々に言っていましたよ。

いかがですか?
朝の気持ちの良いお通じ…。お悩みの方は是非やってみてはいかがでしようか。

Pocket
LINEで送る

投稿者: 生活改善アドバイザーTOSHI

生活改善アドバイザーTOSHI

こんにちは!生活改善アドバイザーのTOSHIです。人気の健康番組から新しい健康情報や、心の健康にも直結するお掃除ネタ、体をリセットするお料理ネタなどあなたの生活改善にちょっぴり役立つ話題をお届けします。