間違ってた!布団のダニ退治

Pocket
LINEで送る

春の花粉の頃とは異なり、9月から10月は、アレルギー性鼻炎になる人が急増するそうです。
その大きな原因は、家の中にいる「ダニ」だそう!
日本環境衛生センターの調査によると、1年でもっとも「チリダニ」やその死骸やフンが多くなるのは9月〜10月なのだとか。

でも、ご安心を。正しい掃除方法でチリダニはかなり除去できるそうです。

9月18日放送
TBS この差って何ですか?
ダニ退治できる掃除方法」と「ダニ退治できない掃除方法」の差

これはものすごく気になりますよね!
早速、番組内で教えていただきました。

チリダニは、特殊カメラで見てみると、家の中にホコリに混ざって大量の「チリダニ」が舞っているのが分かるそうです。
いくら掃除機で掃除機で吸い取ろうとしても、正しい方法で行わないと知らない間に吸い込んでしまい、ぜん息や鼻炎だけでなく、アトピー性皮膚炎や結膜炎になることもあるそうです。小さなお子さんやお年寄りがいるご家庭では、一層のこと不安ですね。

 

〇ダニの潜みやすい場所
「ダニ」が多い場所は、エサとなる人のフケやアカが豊富な場所です。
つまり、住まいの中で特に「ダニ」が多いのは「寝室」。「寝室」の中でも、布団は直接人の肌が触れるので、フケやアカが溜まりやすく、もっとも「ダニ」が多いとされています。

〇布団の掃除方法
シーツや枕カバー、布団カバーは洗濯して水洗いするのが一番効果的だそうです。
水洗いでダニの死骸やフンを流すことができるのです。
けれど、布団本体や枕など、洗いにくいものはどうすればいいのでしょうか。


〇ダニをより死滅させるの方法とは?

実は、「布団乾燥機」が効果的です。
あるメーカーが布団の「ダニ対策」についてアンケートを行ったところ、約70%の主婦が「天日干し」と答えたそうです。昔から、お日様に充てるとダニは死ぬと言われてきましたよね。
けれど、これは都市伝説!?

なんと、「天日干し」は、ダニ対策にはほとんど効果がないそうです。
ダニは50℃以上の温度が20分以上続くと死滅しますが、「天日干し」は太陽が雲で隠れたり、風が吹いたりすると、布団全体を50以上にすることはなかなか難しいのだとか。

実際に、気温31℃の日に4時間布団を「天日干し」してみたところ、布団の温度は42℃までしか上がらずに「ダニ」が死滅する50℃には達しなかったとのこと。
「布団乾燥機」では、布団全体の温度を50℃以上で20分以上に管理することができるので、「ダニ」を撃退できるのです。それならば、丸洗いできる布団というのも便利ですね。

また、「天日干し」した時に布団を叩いても、ダニは除去することができないのだとか。
逆に、叩くことで布団の中の死骸やフンが粉々に細かくなって表面に浮き上がらせてしまうそうで、想像するだけで「いやー!!」ってなりますよね。
その状態で布団を部屋に取り込んで布団を広げたり畳んだりすると、部屋の中のフンや死骸が1000倍以上に増えることもあるそうで、今までの習慣は早速見直さなくては!

布団を丸ごと乾燥させられる機械がない場合は、「アイロン」のスチームでダニを撃退するとよいそうです。約100℃のスチームをダニの近くにあてることでダニを撃退することができます。
「布団乾燥機」や「スチームアイロン」をかけた後は、布団の中にダニの死骸やフンが残っているので、その上から丁寧に掃除機をかけて吸い取ることが有効です。

この季節にアレルギーかな、と感じたら徹底的にダニ退治をしましょう。

 

 

Pocket
LINEで送る

投稿者: 健康ウォッチャーSee

健康ウォッチャーSee

健康オタクのアラフォーSeeko です。自分や家族、歳いった両親、友人の健康まで気になるお節介。健康に関する雑学を書いていきたいと思います♫