内臓脂肪で勝手に痩せる!?

Pocket
LINEで送る

ダイエットも運動も必要なし!
内臓脂肪を勝手に燃やしてくれる「BAT」
「BAT」活性化・増加レシピ公開

え?それ本当?
『食事制限や運動をすることなく…』という夢のようなダイエット情報に心躍らせてレポートした番組はこちら!

名医とつながる!たけしの家庭の医学
2018年6月26日 朝日放送テレビ
【内臓脂肪を減らす科】ダイエットも運動も必要なし!
内臓脂肪を勝手に燃やしてくれる「BAT」とは?

近年、肥満改善や糖尿病予防のために最先端の研究で明らかになってきた事ですが、「BAT」という褐色脂肪細胞は、脂肪細胞でありながら内臓脂肪を燃焼させてくれる働きがあります。鎖骨付近や背骨の脇に多くみられ脂肪を燃やして体温を上げる働きをする細胞で身体のヒーターのような役割をしていますが、内臓脂肪を燃料として使うため、BATを活性化させることで次々と内臓脂肪を使ってくれるのです。

「BAT」を活性化する事で、何と筋肉を動かした場合の70倍~100倍もの脂肪を燃焼させるそうで、この方法ならば運動が苦手な方も脂肪燃焼に大きな期待が持てますね!

しかし、BATは加齢と共に減少してしまい、20代の方の画像にはBATの存在が確認できるものの、30代になるとかなり減少…40代の画像にはBATはほとんどみえません。

ところが! ご安心ください。

BATは減少している方も、無くなってしまった方も、活性化させたり、増加させたりできる事が判明しました。

《BATを増加・活性化させるトリップチャネル》

BATを増加・活性化させるセンサーは消化器に存在する事がわかりました。

このセンサーは「トリップチャネル」と言い、「温度」「辛さ」「スー」などの刺激を感知してBATを増加・活性化するのです。という事は刺激出来る食べ物を食べればよいのです。

3つのトリップチャネル…刺激できる食べ物

★トリップV1(温度)
黒コショウ・唐辛子・生姜・青魚

★トリップA1(辛さ)
ニンニク・玉ねぎ・わさび・マスタード

★トリップM8(スー)
ミント

この3種類のトリップチャネルで同時に刺激する事でBATを増加・活性化する事が出来るのです。それではこの食材を使ったレシピをご紹介いたします。

BAT増加・活性化レシピ《サバ缶の玉ねぎマリネ》

●材料
玉ねぎ       1個
醤油、みりん、お酢 各大さじ1
生姜        1かけ
唐辛子        1本
サバの水煮缶  1缶
ミント(生) 5g

●作り方
1.玉ねぎを薄切りにして耐熱容器に入れる

2.醤油、みりん、お酢、おろし生姜、輪切りにした唐辛子を1に入れて混ぜる。

3.耐熱容器のふたをして電子レンジで2分加熱する。

4.3にサバの水煮缶をしるごと入れ、軽く混ぜ合わせる。

5.生のミントを軽くちぎりながら散らし出来上がり。

《ポイント》

・耐熱容器で作る事で、洗い物を増やさずそのまま冷蔵庫で作り置き出来ます。
・サバの水煮缶の汁にはEPA・DHAが入っているので捨てない。
・醤油、みりん、お酢とミントを合わせる事で、ミントの強い香りをおさえて輪のテイストになる。

番組では、検査画像でBATがほとんど確認できなかった40代の男性に、このお料理を3日間試してもらった結果、サーモグラフで鎖骨まわりの体温が明らかに上昇している事が確認されました。

3日間でBATが増加しているとは思えないが、明らかに変化が表れ始めたのだろうとの事でした。

こんなに早く変化があらわれるなんてすごいですね。
何より、サバ缶の玉ねぎマリネはとても美味しそう!

食べて内臓脂肪が燃焼できるなんて!
皆さんも、内臓脂肪燃焼体質目指して試してみませんか?

Pocket
LINEで送る

投稿者: 生活改善アドバイザーTOSHI

生活改善アドバイザーTOSHI

こんにちは!生活改善アドバイザーのTOSHIです。人気の健康番組から新しい健康情報や、心の健康にも直結するお掃除ネタ、体をリセットするお料理ネタなどあなたの生活改善にちょっぴり役立つ話題をお届けします。