乳がん検診、いのちのハガキ!

Pocket
LINEで送る

先日の、さくらももこさんの訃報は、同世代だけでなく広い世代にショックを与えました。
若く、まだまだこれからの未来に輝ける女性たちが乳がんで命を落とすのは、本当に残念でなりません。

日本では、乳がんにかかる患者が、この40年で4倍に増えているそうです。
乳がんは予防が難しい反面、早期の段階で見つかれば、95%の確率で治るがん(5年以上の生存率)ともいわれています。
いま、ガッテンをきっかけに、全国の自治体を巻き込んだ、前代未聞のプロジェクトが始動しているそうです。
発案は、日本のがん医療をリードする国立がん研究センター。乳がんで死なないための「ある切り札」が、全国の乳がん検診の未受診者86万人の自宅に直接届けられたのです。

番組では、思わず検診を受けたくなる秘策や、若年の乳がんを早期で見つけるためのチェック法などをお伝えしました。

86万人の自宅に届く!
乳がんで死なないための
切り札をあなたへ
2018年9月5日(水)午後7時30分
再放送予定: 2018年9月8日(土)午前0時25分

 

受けなきゃ損!乳がん検診

40歳以上の乳がん検診の受診率は45%。
まだまだ、半分以上の方が、検診を受けていないのが実情です。
「痛そう」「がんが見つかるのが怖い」「自分はならない」 「行く気はあるが何となく」「特にいま気になることはない」「胸を見られるのがいや」など、理由は様々ですが、乳がんは近年の日本人女性の11人に1人がなると言われる、女性が一生のうちで一番かかりやすいがんなのです。

また2センチ以下の初期の段階で見つかれば、95%の確率で治るのです。2年に1度、自治体の助成を受けて検診を受診すれば、無料~数千円の自己負担で済むそう。乳がんになることを告白する著名人も多く、また若くして亡くなる人も後を絶ちません。
乳がん検診に女性はもっと真摯に向き合うべき!
乳がん検診は、絶対に受けてほしい、受けなきゃ損する検診ともいえます。

 

乳がん検診の意識を高めるために。

どうすれば乳がん検診を受ける人が増えるのか?
国立がん研究センターの保健社会学研究部は、がん検診の受診率を上げるため、さまざまな研究や施策の開発を行っています。今回の番組の取材をきっかけに、保健社会学研究部の方々が思いついたのが、ガッテンの放送に合わせて、検診案内のハガキを送るというアイデアでした。

たとえば有名人が乳がんになったというニュースがあると、乳がんへの関心は一気に高まりますが、検診を受ける方法が簡単にわからないと、まもなく関心は薄れてしまい、なかなか受診には結びつきません。
一方多くの自治体では、40歳以上の女性に2年に1度、検診の案内が送られますが、その時に乳がんへの関心が高くないと、こちらもなかなか受診には至りません。

それなら、ガッテンの放送で「乳がんへの関心が高まるタイミング」で検診案内が届けば、受診率のアップにつながるのではないかというのです。
国立がん研究センターが全国1747のすべての市区町村に呼びかけたところ、360以上の市区町村がこのプロジェクトへの参加を表明。
乳がん検診に行っていない40歳以上の女性、実に86万人に、共通の案内ハガキが届けられたのです。

※お写真は番組HPよりお借りしました

 

今回、このハガキが届かなかったという人もご安心してくださいね。
多くの市区町村では、40歳以上の女性に対して、2年に1度、何らかの形で乳がん検診の案内が送られています。あるいは市区町村の「がん検診」の担当部署に問い合わせれば、乳がん検診を、いつ、どこで受けることができるか、助成の内容などについても教えてもらうことができます。

乳がんで命を落とさないために、ぜひ受診してみてください!

Pocket
LINEで送る

投稿者: 健康情報テレビくん

健康情報テレビくん

人気のTV番組より、ぜひチェックしておきたい健康情報ネタをタイムリーにお知らせ。健康情報はどんどん新しくアップデイトされますから、最新の話題を知っておきたいよね。